第30

 チョンドゥンは追ってきたギドンと一対一で対決。その最中に、実の父がキム大監であると打ち明けられる。我来賊の仲間がギドンを追い詰めるが、チョンドゥンが前頭領を救った借りを返すと釈放。その後、ギドンは、我来賊らしき者に襲われ、傷を負う。キム大監は、チョンドゥンと会うため、投獄されていた我来賊を強引に釈放させ、息子への手紙を託す。