第38期 大学生キャスター 業務日誌

フレッシュな現役大学生が、最新ニュースをお届けします!
放送日時
毎週火~木曜日 8:53 - 8:55 / 10:57 - 11:00
金曜日
大場 おおば あゆみ

初めまして、大場あゆみと申します。私は、着付けの免許を取るほど和服が大好きで、昨年からは日本で1番浴衣の似合う「ゆかたクイーン」として和文化の魅力を発信しています。クイーンとしての活動や、高校のマネージャー、イベントのMC経験を通して、人を支え、心を繋げることの大切さを学んできました。今回は憧れの学生キャスターとして、画面の向こうの皆様と情報を繋げ、日々の生活に貢献できるよう一語一語正確かつ丁寧にニュースをお届けします!テレビを通して情報をお伝えするという、貴重な経験をさせていただけることに感謝し、精一杯努力してまいりますので皆様どうぞよろしくお願い致します。

  • プロフィール
    1999年11月13日生まれ
    日本女子大学文学部3年
    神奈川県出身
  • 特技
    着付け(準師範免許取得)、グラフィックデザイン
  • 座右の銘
    『明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ』(ガンジー)
  • 至福の時
    夕食後、家族と楽しくおしゃべりする時間

着物イベント

こんにちは!金曜日担当の大場あゆみです。

 

先日、私が通っている着付け教室の創立50周年記念学院祭が行われました。

 

着付けのパフォーマンスや着物ショー、きもの歳時記、源氏物語の舞台から見る「王朝装束」の紹介などが行われ、着物の魅力がたくさん詰まった学院祭です。

(舞台上・客席の人数制限やマスクの着用など、新型コロナウイルス感染予防対策をしっかりした上で開催されています。)

 

私は着物ショーの「白掛下」モデルとしてステージに立ちました!

白掛下は、花嫁さんが着る白無垢(打掛け)の下に着る振袖のことです。

 

S__61145162.jpg

 

生地をよく見てみると、鶴が描かれています。

白無垢や結婚のお祝いになぜ鶴が使われるのかご存じですか?

「長寿の象徴」であり縁起物としてよく使われますが、鶴は同じ相手と一生を添い遂げることから「夫婦円満の象徴」でもあるのです。

模様1つにもこうして大切な思いが込められているなんて、とても素敵ですよね。

 

そして!

帯は華やかな薔薇の形に着付けていただきました。

 

S__61145163.jpg

 

白い掛下に色鮮やかな帯がとてもよく映えています!

こんなにも美しい帯結びを、魔法の様にパパパーっと仕上げてしまう着付け師の方々の腕前にはいつも驚かされてばかりです。

私もいつか見た人・着た人が笑顔になるような着付けが出来るようになりたいと、改めて感じました。

 

S__61145166.jpg

(ダンスパフォーマンスの様子。帯は薔薇と水連のグループに分かれています。)

 

帰り際、スタッフの方に「笑顔がとっても素敵でつい目で追っていました!」と声をかけられました。舞台に立つ沢山の白掛下モデルの中から私を見つけてくださったなんて、、、!

本当に嬉しくて心に響いたお言葉です。

 

出演者としても、観客としても着物の魅力をじっくりと楽しむことが出来た一日でした。