8F 配信

▼見逃した方はこちらをチェック!▼

7F 探訪記録

▼画像をスワイプして切り替えが出来ます

6F ギャラリー
5F シアター
4F 郵便局
あなたの「昭和レトロビル」教えてください!

〒119-0188 「ビルぶら!レトロ探訪」係 まで
・住所
・氏名
・ペンネーム
・電話番号
・昭和レトロビル名
・番組へのご感想
をお書きの上、どしどしご応募ください!

ウェブサイトからの応募はこちら!

3F 番組概要

コロナ禍の街に押し寄せる再開発の波…。昭和の街並を形成した複合ビルがどんどん姿を消してしまっている。しかし!!『日本ならではのビルヂング』は、高度経済を支えたおやじたちを優しく包み込むワンダーランドだった!
番組では、ユニークで昭和レトロな外観&夢満載な館内を持つ「昭和レトロなビル」をビル探訪人・梶原善が外から中までゆるりと堪能!
食堂、純喫茶、ゲーセン、居酒屋、バー、スナックなどなど、ワンダーランドにひしめき合う店舗で働く、クセのある店主や女将、足繁く通うクセのある常連さんとの昭和談義に華を咲かせていく。

2F 次回放送

2023年 1月31日(火) No.16 森永プラザビル 今回、梶原がぶらぶらしたのは、東京の田町駅すぐそばにある企業ビル「森永プラザビル」。誰しもが子供の頃、慣れ親しんだ懐かしのお菓子や商品が続々登場!森永乳業と森永製菓の本社が入るビルだからこそ見られる貴重な資料やお菓子に梶原善大興奮!そんな森永のビルで商いを営む人たちが語る街の変遷とビルの歴史。そして、ビルに息づく“人情”と“仲間たちとの深い絆”。廃れゆく昭和の近所付き合いがそこにはあった。戦うビジネスマンの足を支える親子2代の靴屋さんやビル開業まもなく店を構えた文房具店で発見!オフィス街ならではものとは!?第2の人生を歩んだ元一流プロ野球選手が語る野球と恩師である監督への熱い想いとは!?日々仕事と戦うビジネスマンたちの胃袋と心を満たす料理に舌鼓。