2020年6月7日(日) 18:00~19:55

<BSフジサンデースペシャル>『巨大魚・傑作戦!』

次回の放送予定

2020年6月7日(日) 18:00~19:55

見た者を圧倒する巨大魚。出会うことすら容易ではない彼らと、そんな巨大魚に魅せられた釣り人の姿、そして美しくも厳しい日本の大自然を4Kの美麗映像で描いてきた巨大魚シリーズ。これまで各地の海、川で、錚々たる巨大魚たちとファイトを繰り広げてきた。今回は、1作目となる「巨大魚・冬の陣」(2018年3月)以降、約2年間、7回にわたって放送された中で、厳選した記憶に残る名勝負をお届けする。

■外房沖の巨大ヒラマサ 『巨大魚・春の陣(18年7月8日放送)』より
春の太平洋を北上する「黒潮」が接近する千葉県・外房沖。狙うのは超大型のヒラマサ。水面を割って飛び出すド迫力、そして強烈なファイトから目が離せない。
アングラー:上屋敷隆

■都市河川に潜む巨大鯉 『巨大魚・秋の陣(18年11月11日放送)』より
東京都と千葉県の間を流れる、都市河川の代表・江戸川。ここには1mを軽々と超えるどころか、ときには2mに迫る巨大な魚たちが潜んでいる。今回は、鯉に魅せられた男が1m越えの巨大鯉を狙う!孤独な待ちの時間に、釣り人は何を思うのか。
アングラー:戸部純一

■鹿児島沖の世界記録タチウオ 『巨大魚・秋の陣(18年11月11日放送)』より
鹿児島県・鹿屋沖に生息する、超巨大なタチウオ。その姿からドラゴンの異名を持つモンスターに、日本伝統の竹の釣り竿「和竿」にこだわって挑み続ける世界記録ホルダー。果たして世界記録更新はなるか?
アングラー:山口充

■屋久島のモンスター級アオリイカ 『巨大魚・春の陣2019(19年5月12日放送)』より
ターゲットは、通常「大型」と呼ばれる1~2キロをはるかに超える巨大なアオリイカ(4〜5キロ)。使用するのは江戸時代から存在し、現在、海外でも「エギング」として人気の高まりを見せている和製ルアー「餌木」。巨大アオリイカの聖地・屋久島のモンスターは我々に姿を見せるのか!?
アングラー:川上英佑

■石垣島のジャイアント・トレバリー 『巨大魚・夏の陣2019(19年9月15日放送)』より
 インド洋から太平洋のハワイ沖までの温帯域に生息するロウニンアジ、通称「GT」。沿岸域でねらえるルアーフィッシングの対象魚として世界中のアングラーから至高のターゲットと認められている。
日本のGTフィッシングのレジェンドとして知られるアングラー・鈴木文雄が大物を狙う!
アングラー:鈴木文雄

SHARE