Ⓒ日本映画放送

2021年6月16日(水) 18:05~19:00

<時代劇>『盤嶽の一生』

次回の放送予定

2021年6月16日(水) 18:05~19:00
第2話「絵図面の謎」

毎週(水) 18:05~19:00

 浪人・阿地川盤嶽(役所広司)は、賭博でイカサマにひっかかり、一文無しになる。しょんぼりして賭場を後にする盤嶽の後から、紋次(ベンガル)という男が付いてきた。
 盤嶽が慣れない博打に手を出したのは、名刀・日置光平を研ぐ金ほしさだった。それを聞いた紋次は、「研ぎ師を紹介する。費用は傘貼りを手伝ってくれれば…」という。盤嶽は紋次についてゆく。途中で色っぽい女が一人盤嶽に激しく突き当たった。
 日置光平を見た研ぎ師は、銀造(上條恒彦)という職人気質の男。「こんな名刀ならぜひ研ぎたい」と刀を預かり、代わりに竹光を差し出した。

 その後、銀造の家に、盤嶽に突き当たった女が訪ねて来た。女は、おさらばお小夜(浅野ゆう子)と名乗り、懐に預けた物を返せと言った。盤嶽が懐を探っていると、表から悲鳴が聞こえた。千恵(安達祐実)という娘がならず者に襲われている…竹光しかない盤嶽だが、それでも強かった。
 お小夜と、ならず者の雇い主が狙っているのは、三十五万両もの埋蔵金の絵図面という。しかし、それがなぜか今は盤嶽の懐に入っていた。

出演者・スタッフ

<出演者>
阿地川盤嶽:役所広司
お小夜:浅野ゆう子
千恵:安達祐実
銀造:上條恒彦
紋次:ベンガル
ほか

番組概要

 原作は白井喬二。戦前に名匠・山中貞雄監督、大河内伝次郎主演で映画化され、その影響を受けたという市川崑監督が、1話と2話を担当。山中監督シナリオ集をもとに、市川・役所コンビで、のどかさと活劇の激しさが入り混じる時代劇を作り上げた!
 自らの刀を異常に愛してる素浪人である盤嶽が毎回、いろいろな人の嘘に巻き込まれながら悪人を退治していく。(全10話)

SHARE