番組情報
時代劇

<時代劇>『銭形平次 第4シリーズ』




次回の放送予定

2019年5月17日(金) 19:00~19:55

毎週(金) 19:00~19:55


第16話「消えた兇器」※最終話


 強い地震があった夜、薬種問屋・長崎屋で、主人の久右衛門(山田良樹)が殺された。
 離れで帳面を見ている時に、脇の下から心臓を一突き。障子に穴が空いていたが、凶器はなかった。
 同心の保科源次郎(三浦浩一)は、下手人は弓を使い、矢を抜いて逃げたと見た。
 銭形平次(北大路欣也)は長崎屋の内情を探った。後妻のおさわ(栗田よう子)は、久右衛門が旅行中に小田原の茶店で見初めた女。
 子供は娘のお直(塚田きよみ)だけと思っていたが、道楽が過ぎて八年前に勘当された息子の福太郎(中村梅雀)がいた。
 福太郎はよく矢場に出入りし弓がうまかった。
 おさわが、久右衛門が殺された時間には、浮気相手の男と船宿にいたと告白した。

出演者・スタッフ
<出演者>
銭形平次:北大路欣也
お静:真野あずさ
三の輪の万七:伊東四朗
八五郎:三波豊和
清吉:山西道広
保科源次郎:三浦浩一

菊村数馬:丹羽貞仁
並木藤兵衛:中村梅之助
おさわ:栗田よう子
お直:塚田きよみ
福太郎:中村梅雀
おりく:佐野アツ子
勘造:福本清三
長崎屋久右衛門:山田良樹
ほか
<スタッフ>
原作:野村胡堂
企画:能村庸一、加藤貢
プロデューサー:平野毅、上阪久和
音楽:津島利章
脚本:野上龍雄
監督:斎藤光正
制作:フジテレビ/東映









番組概要
 1966年から1984年まで放送され、888回というテレビドラマ最長記録を打ち立てた故・大川橋蔵主演の「銭形平次」。
 その7年後の1991年から始まった北大路欣也版の「銭形平次」が登場!
 神田明神下で岡っ引きの名親分・銭形平次。その粋でいなせな人柄と有名な投げ銭シーンのカッコ良さで、今でも多くのファンを魅了してやまない人気時代劇。第3シリーズに引き続き、第4シリーズを放送!
 江戸を舞台に活躍する平次と、「親分てェへんだ~」のセリフでこのシリーズにはかかせない下っ引きの八五郎、良妻のかがみである平次の女房・お静など、個性豊かなキャラクターが物語を盛り上げる!