#30 "春・花街の菓子"

3月24日(土)17:00~17:55、3月29日(木)12:00~12:55、3月31日(土)17:00~17:55

 京都観光で、是非訪れてみたい所に、祇園など花街の名前が上がります。はんなりとした京の街並みとはまた違った華やかさ、艶やかな雰囲気も魅力の一つ。 京都には最も有名な祇園甲部の他、全部で五つの花街があり、それぞれ四季を彩る行事が執り行われます。
 最も良く知られているのは「をどり」。 毎年四月になると、春の恒例行事として全国に紹介されます。祇園甲部の「都をどり」に始まり、宮川町の「京おどり」、上七軒の「北野をどり」と続きます。先斗町の「鴨川をどり」が始まると、京都の街は初夏の装い。
 今回はそんな華やかな花街に因んだ和菓子をご紹介します。
 先ず祇園甲部では、「亀屋圓月」で祇園甲部因みのお菓子の数々を。続いて宮川町の「名月堂」からは素朴な味わいの人気菓子を。
 そして先斗町の京菓子司「先斗町駿河屋」では、花街ならではの可愛らしい菓子を。それぞれ、花街の御用をつとめるお菓子です。

すはま(亀屋圓月)
ニッキ餅(京菓子處 名月堂)
ひと口わらび餅(京のお菓子や 先斗町駿河屋)

亀屋圓月(すはま/懐中志るこ)
京都市東山区祇園町北側279
[TEL] 075-561-0565
京菓子處 名月堂
(ニッキ餅/生菓子)
京都市東山区新宮川町通松原下ル西御門町447-1
[TEL] 075-551-0456
京のお菓子や 先斗町駿河屋
(ひと口わらび餅/ちどり焼き)
京都市中京区先斗町三条下ル材木町187
[TEL] 075-221-5210

懐中志るこ(亀屋圓月)
生菓子(京菓子處 名月堂)
ちどり焼き(京のお菓子や 先斗町駿河屋)

この回のギャラリーを見る