今、最も聴きたい人気ピアニストたちの心揺さぶる演奏!そして、貴重な音楽対談は必見!

 2014年9月、東京・サントリーホールで開催された『"THE PIANIST"コンポーザーピアニストフェスティバル★2014』の模様を収録。このコンサートは、ジャンルもスタイルも、使うピアノも異なる3組4人のピアニスト=作曲家が順番に出演して、オリジナル曲を演奏するステージ。三者三様の個性を持った音楽を聴けるため、音楽ファンには至福の時間を過ごせる大人気のコンサートである。今年は、全国9公演が即日完売した。

 この"THE PIANIST"の感動と興奮のステージに加え、番組では、それぞれの演奏の間に「4人の演奏家による対談」を挿入する。普段、それぞれ独自の演奏で活躍しているために、一緒にステージに乗ることもなければ、ともにツアーすることもなかったピアニストたち。彼らが全国を共にツアーした中で感じていたこととは? 最終公演の行われた東京で彼らは何を語り合ったのか!? そして、サントリーホールが総立ちとなった驚愕のアンコールとは!? 最初から最後まで目が耳が離せない2時間をお届けする。

<出演>
辻井伸行、加古隆、レ・フレール(斎藤守也・斎藤圭土)(出演順)

<曲目>
辻井伸行:「神様のカルテ」、「マエストロ!」、「パガニーニの主題による狂詩曲」他
加古隆:「ポエジー」、「白い巨塔」、「パリは燃えているか」他
レ・フレール:「SAMURAI Funky」、「キャトルマンのテーマ」、「On y va!」他