番組情報
映画・ドラマ

<BSフジサスペンス劇場>『塔馬教授の天才推理2 湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件』




お知らせ

10月からBSフジサスペンス劇場は9:00~11:00に放送致します。


次回の放送予定

2018年9月28日(金) 12:00~13:58


 湯殿山山麓の山形県仙人村で、墓石を掘り返している男が何者かによって撲殺された。被害者の男が倒れた後も後頭部に凶器を執拗(しつよう)に振り下ろす犯人…。
 それから半年後の東京。私大教授で浮世絵研究家でもある塔馬双太郎(佐々木蔵之介)は、雑誌編集部員・名掛亜里沙(森口瑤子)と推理小説家・長山作治(橋本さとし)が次に取材する資料に目を通す。取材テーマは湯殿山の即身仏(ミイラ)。塔馬は興味深いテーマで取材に賛成だったが、幽霊系の話が苦手な長山は取材することに反対。結局、亜里沙の知人で映画プロデューサーの小暮秀子(田畑智子)の作品が偶然、湯殿山で撮影していること、しかも長山の大好きな女優が出演していることを知り、長山も取材同行を承諾する。
 数日後、亜里沙と長山は湯殿山の撮影現場を訪れる。小暮に誘われ撮影後の制作発表に出席すると、そこには仙人村の由緒ある寺・殿岳寺の住職、沼田雲海(山田明郷)地元の実業家で村議会議長・千崎完三(阿南健治)がいた。制作発表が始まり、その冒頭で主演女優が外から会場の中に向かう途中、突起物につまずいてしまう…。関係者がそれを掘り起こすと、仏像が彫られたふた付きの木棺であることが判り、中には1体のミイラが納まっていた…。
 亜里沙はすぐに塔馬に電話をして状況を説明。細工された木棺に興味を覚えた塔馬は、自分が不在でも大丈夫なように学生たちの課題を3日分作成して、湯殿山へと向かう。

出演者・スタッフ
<出演者>
佐々木蔵之介
森口瑤子
橋本さとし 
田畑智子
渋谷飛鳥
山田明郷
阿南健治
宇梶剛士
ほか
<スタッフ>
原作:高橋克彦「即身仏(ミイラ)の殺人」文春文庫
脚本:扇澤延男
編成企画:水野綾子
プロデュース:有賀聡(ケイファクトリー)
演出:千葉行利(ケイファクトリー)