第160回 2016年7月30日放送
熊本産食材を使った丼を作る

 今回は、熊本県出身の小山薫堂の「“食”を通じて熊本の復興を応援できないか」という発案の元、熊本産食材を使った丼を作ることに。
 料亭「青柳」主人・小山裕久と「SUGALABO Inc.」代表・須賀洋介がそれぞれ熊本の食材を使った丼を提案。
 松任谷正隆、人気グルメブロガーのフォーリンデブはっしー、そして熊本から駆け付けたくまモンと一緒に丼のネーミング、今後の展開などを考える。
 果たしてどんな丼が誕生するのか!?

出演者

小山薫堂
松任谷正隆
小山裕久
須賀洋介
フォーリンデブはっしー
くまモン
ほか

SUGALABOの肥後丼
須賀洋介のレシピ

1人前の丼ぶり分量
ごはん  120g
そぼろ  100g
ピペラード 30g
シャクリーヌのサラダ 30g
いり卵   50g
 (または温泉卵 1個)

分量(4人前)
【そぼろ】
 牛ミンチ  1kg
 豚ミンチ 500g
 玉ねぎ  200g(5mm角)
 鷹の爪   2本
 にんにくみじん 10g
 赤ワイン 200g
 濃口醤油 180g
 みりん  130g
 バルサミコ酢 150g
 黒酢    50g
 塩 こしょう

【ピペラード】
 玉ねぎ   150g
 赤パプリカ 600g 野菜すべて8mm×4cmのバトネ
 黄パプリカ 250g
 トマトペースト 30g
 トマトコンカッセ 300g 種を取り除いて。
 クミン   少量
 カイエンヌペパー 少量
 塩 こしょう
 EXVオリーブ油 60ml

【サラダ】
 お好みの葉 レタスなど
 バジルソース 市販のものでも可
 塩 少量

◆作り方
①そぼろを作る
1.フライパンに少量の油を敷き、にんにくをきつね色になるまで炒める。
2.種を取り除いた鷹の爪、玉ねぎを加えじっくりと炒める。
3.別鍋で強火で炒めたミンチに2を加え、全ての調味料を加えて煮詰まるまで煮込んでいく。

② ピペラードを作る
1.鍋にオリーブオイルを敷き、櫛状に切った玉ねぎ、パプリカを炒める。
2.トマトペーストとトマトの角切りを加え、味を整え煮込んでいく。

③ 仕上げ
器に炊きたてのご飯、そぼろ、ピペラード、レタスをバジルドレッシングであえたもの、温泉卵の順で彩りよく盛り付ける。

くまモンの肥後丼(トマトすき焼き丼)
小山裕久のレシピ

分量(4人前)
【トマトごはん】
米    3合
トマト  3個
水    180cc
塩    小1

【赤牛トマトしぐれ煮】
赤牛   600g
トマト  3個
赤酒   90cc
たまり  90cc
砂糖   60g
水    600cc
生姜   30g

【水前寺のり 甘酢漬け】

◆作り方
①トマトは湯むきして皮をむき、一口大に切る。鍋に米、トマト、水、塩を入れて炊く。

②バラ肉は1センチ角に切り、鍋に水、赤酒、砂糖を入れて炊く。アクを取り、湯むきをして角切りにしたトマト、たまり、生姜を入れて炊き込む。

③水前寺のりを水に戻して湯がき、甘酢につける。

④卵はゆで卵にし、黄身はそぼろにして裏ごし、白身も裏ごしをしてくまモンの顔にする。

⑤(3)の水前寺のりで口や目をつけて完成。