ゲスト:阿川泰子 4月26日(土)放送

 今夜のアーティストは阿川泰子。神奈川県鎌倉市出身の阿川は文学座演劇研究所に入り、演劇を学ぶ。その後、女優として東宝映画「華麗なる一族」、「青春の門」などに出演。又、TVドラマ「太陽にほえろ」、「ウルトラマン・レオ」などにも出演。女優として活動するさなか、そのハスキーボイスからジャズを勧められ、トレーニングを受けジャズ歌手に転向。1978年に歌手デビューし、その声は“シュガーボイス”と呼ばれ「ネクタイ族のアイドル」と称されるほどの売れっ子となる。シュガーボイス、ネクタイ族のアイドル・・・そう呼ばれていたことを当時どう感じていたのか?
 1981年6月に発売したアルバム「SUNGLOW」は、ジャズボーカル作品としては異例の30万枚という大ヒット。すっかり大人気歌手となった阿川の活躍はジャズの世界にとどまらず、楽曲や自身がCMに起用されたりとテレビを通じてお茶の間でもおなじみの顔となる。中でも皆の記憶に残っているのはテレビのトーク番組、日本テレビの「オシャレ30・30」だろう。古館伊知郎と共に司会を担当し、毎回1曲ずつ披露する歌がのべ360曲にもなったことなど、当時のことを振り返る。
 さらに、ブラジルのミュージシャン、セルジオ・メンデスとの家族ぐるみの付き合いや文学座時代の同期生・松田優作(故人)との交流、ジャズや映画音楽の魅力などを阿川ならではのやわらかくウィットに富んだ語り口調で披露する。

曲目

  • 「Take The A Train A列車で行こう」
  • 「Sentimental Journey」
  • 「She~Senior Dreams」
  • 「Skindo-Le-Le」
  • 「Just In Time」
  • 「Moonlight Serenade」
  • 「The Days Of Wine And Roses」
  • 「When You Wish Upon A Star~Over The Rainbow」