鉄道伝説

  • BSフジオフィシャルサイト
  • 放送日時
 

第17回「四国2000系 ~気動車に振子を搭載せよ~」

 四国鉄道網の中心、非電化区間を走るディーゼルカー。四国の山谷を駆け巡る線路には、勾配、曲線が多い、鉄道にとっては悪条件だらけ、その中でどうすればスピードアップを図れるのかそれが技術者たちの課題であった。そこで注目されたのは「振子式」、しかしその実現には大きな困難が伴った。かつて、「気動車の振子はできない」というのが、鉄道界の常識であった。気動車のエンジンの回転が、振子の動作を阻害してしまうのだ。開発者たちはひたすら苦悩し、そして試作を重ねた結果、遂には常識の壁を打ち破る事に成功する。そして四国2000系という鉄道界の、いや世界の常識を変えた、世界初の振子式気動車が誕生した。




今回の放送