辰巳琢郎のワイン番組 毎週土曜日 23:00~23:30 【再放送】毎週日曜日 11:30~12:00

バックナンバー

第111回 2012年11月17日(土) 23:00~23:30
ゲスト:貴志祐介 作家

 1997年『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞を受賞。話題の密室トリック『鍵のかかった部屋』など多彩なジャンルで筆を揮い、作品が次々に映像化されて話題を呼んでいます。辰巳琢郎とは京都大学の同期生です。

本日のソムリエ
濱田知佐 シニアソムリエ
本日のレシピ
ミニトマトとモッツァレラチーズのスパゲッティー

ごめんケンカしゃもと根菜のワイン味噌煮



テーブルコーディネート

辰巳真由美 CLUB B.C.R

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。空間や、テーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。 皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。

いま飲みたいワイン

「プランタジェネット オムラー ピノ・ノワール 2011」

原産地:オーストラリア/グレート・サザン
葡萄品種:ピノ・ノワール
参考価格:¥2,310
輸入元:ファームストン

自分のイメージに近いワイン

「カルパツカー・ペルラ アリバーネット 2008」

原産地:スロバキア/マロカルパツシュカ
葡萄品種:アリバーネット
参考価格:¥4,000
輸入元:マイティ



葡萄酒街道を行く

ドメーヌ ミエ・イケノ ~山梨県小淵沢町~


山梨県と長野県の県境にある八ヶ岳と、日本一高い山脈 南アルプス双方に囲まれたワイナリー「ドメーヌ ミエ・イケノ」を訪ねました。


この土地で、栽培から醸造までをほぼ1人でこなす池野美映さん。


傾斜を利用し、重力によって果実やワインを移動させるグラヴィティー・フロー・システムを採用。ポンプなどは使わず、果汁やワインへの負担を出来るだけ減らし葡萄本来の味わいを際立たせます。



温度と湿度が安定するように作られた地下セラーに空調はありません。2011年に誕生したばかりのワイナリーながら、28個ものフレンチオーク樽がずらり。セラーいっぱいにその香りが満ちています。


続いて、ワイナリーの目の前に広がる畑へ。気象条件はもちろん、のびのびと作業ができる、景観の良さもこの場所を選んだ決め手だそうです。


ピノ・ノワールとシャルドネ、そしてこの土地に合うというメルローのヨーロッパ系3品種を除草剤、化学肥料を使わずに栽培しています。



販売所を持たないドメーヌ ミエ・イケノのワインは業務提携を結ぶここ「リゾナーレ八ヶ岳」で楽しむ事ができます。


レストラン「オットセッテ」では、ドメーヌ ミエ・イケノのワインとマリアージュを楽しめるコースも用意されています。


それではテイスティング。はじめに頂くのは、果実味とミネラル豊富なシャルドネの樽熟成。



そして樽で18ヶ月熟成させたピノ・ノワール。


同じく樽で18ヶ月熟成させたメルロー。コーヒーやチョコレートのような香りが特徴です。


『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳』へのアクセス 中央自動車道 小淵沢I.Cより車で約10分
中央本線 小淵沢駅より車で約10分
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町129-1
問い合わせ先:0551-36-5126