辰巳琢郎のワイン番組 毎週土曜日 23:00~23:30 【再放送】毎週日曜日 11:30~12:00

バックナンバー

第103回 2012年7月14日(土) 23:00~23:30
ゲスト:ピーコ ファッション評論家

 1975年にラジオパーソナリティーとして芸能界デビュー、以降、コメンテーターやシャンソン歌手など多方面で活躍中。

本日のソムリエ
濱田知佐 シニアソムリエ
本日のレシピ
うすい豆 生ハムと温かいトマトのジュレ

大名たけのこ 豚肉の蜂蜜バルサミコソースと



テーブルコーディネート

辰巳真由美 CLUB B.C.R

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。空間や、テーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。 皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。

いま飲みたいワイン

「ベニ・ムティエ ブラン 2009」

原産地:モロッコ/メクネ
葡萄品種:シャルドネ
参考価格:¥2,940
輸入元:日仏商事

自分のイメージに近いワイン

「カタルジーナ メゼック カベルネ・ソーヴィニヨン 2010」

原産地:ブルガリア/メゼック
葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
参考価格:¥2,900
輸入元:トラキアトレーディング



葡萄酒街道を行く

さぬきワイナリー ~香川県さぬき市~


瀬戸内海を見渡す「さぬきワイナリー」を訪ねました。晴れた日には、小豆島を一望できる風光明媚な岬に建つこのワイナリーは、平成元年、当時の「城町」に四国初のワイナリーとしてオープンしました。


この醸造室では、かつて年間およそ10万本のワインが作られていましが、現在は少し量が減りました。しかし、ある珍しい葡萄がラインナップに加わっています。


こぼれたワインの濃い紫の色が、一際目をひくこちらの樽。中に入っているのは「香大農R-1」。



香大農R-1は、沖縄原産の山ブドウ・リュウキュウガネブとマスカットの交配によって誕生した新しい品種です。


6年前、最初に香大農R-1が植えられたという久保栄一さんの畑へ。


昼夜の気温差が少なく、ワイン用葡萄の栽培が難しいと言われてきた香川県。その土地でワインづくりに携わる人々が 期待を寄せているのが、この香大農R-1です。



雨に弱いマスカットが掛け合わされているため、日本一雨の少ない香川県でも、雨除けは欠かせません。


隣の畑には、イタリアの赤の発泡ワインとして知られる、ランブルスコ・サシーノが。国内で栽培しているのは、香川県だけとか。


瀬戸内海をイメージしたエチケットのこちらの3本。白はデラウェアと甲州。ロゼはデラウェアと甲州にベリーAで色づけ。赤は、ベリーAをメインに、メルローとランブルスコ・サシーノをブレンドしました。



こちらは「シャトー志度」。


そして、香大農R-1で作られた「ソヴァジョーヌ・サヴルーズ」。


最後は、甲州を使ったアイスワインで締めくくります。


『さぬきワイナリー』へのアクセス

・JR高徳線志度駅より車で約20分
〒769-2103 香川県さぬき市小田2671-13
問い合わせ先:087-895-1133