辰巳琢郎のワイン番組 毎週土曜日 23:00~23:30 【再放送】毎週日曜日 11:30~12:00

バックナンバー

第97回 2012年2月18日(土) 22:00~22:30
ゲスト:挟土秀平 左官職人

 天然の土と素材を使った壁づくりは、モダンかつ斬新と注目を集め、日本全国にその活躍の場を広げている。また、独創的なアイディアで土壁を作り上げるだけでなく、繊細な感性で言葉を紡ぎ、独自の詩の世界を生みだしている。

本日のソムリエ
濱田知佐 シニアソムリエ
本日のレシピ
3色チンジャオロースー

帆立のウイスキーオークチップスモーク



テーブルコーディネート

辰巳真由美 CLUB B.C.R

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。空間や、テーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。 皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。

いま飲みたいワイン

「ベッラ・バイ・インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン 2011」

原産地:ニュージーランド/マールボロ
葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン
参考価格:¥2,520
輸入元:サザンクロス

自分のイメージに近いワイン

「ルブラート イルピニア・ロッソ 2008」

原産地:イタリア/カンパーニャ
葡萄品種:アリアニコ
参考価格:¥1,575
輸入元:モンテ物産



葡萄酒街道を行く

小布施ワイナリー ~長野県上高井郡小布施町~

葛飾北斎が晩年長逗留した小布施町。近年は、観光地として人気が高まっています。ワイン用葡萄の栽培地として長野県で最も古い歴史を持つ須高地区。今回は、毎年恒例となった『小布施ワイナリー』の「収穫醸造体験ツアー」にスポットを当てます。


60人ほどの参加者が嬉々として収穫したブドウは、色付きの良い、しっかり酸の乗ったカベルネ・ソーヴィニヨンです。


収穫の後は、ワイナリーで醸造体験も行えます。こうした体験が出来るのも、家族経営の小さなワイナリーだからこそ。


築100年を超える蔵を改装したショップでは、少量生産ゆえに都内でも滅多に手に入れることのできない希少なワインを求めることが出来ます。



いよいよテイスティング。まずは、ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネ。どちらも果実実豊かで、信州サーモンやイワナの塩焼きなどに合わせたい味わいです。


続いての「小布施ブラン」は、値段も手ごろな名刺がわりの1本。


次は赤。左はカベルネ・ソーヴィニヨン単一。右のヴォルプチューはメルロ―とカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランをアサンブラ―ジュした出色の出来。



最後は、シャルドネのスパークリングワイン。エキストラ・ブリュットながら、甘い香りとボリュームある味わいです。