辰巳琢郎のワイン番組 毎週土曜日 23:00~23:30 【再放送】毎週日曜日 11:30~12:00

バックナンバー

第86回 2011年7月9日(土) 22:00~22:30
ゲスト:斎藤由香 エッセイスト

 一流企業で働くOLとしての顔も持ち、その日常をユーモアたっぷりに綴った、週刊新潮で9年続くエッセイ「窓際OL」シリーズが人気。ユーモアある文才は祖父・斎藤茂吉、父・北杜夫譲り。

本日のソムリエ
濱田知佐 シニアソムリエ
本日のレシピ
平貝といぶりがっこのあぶり

かりもり角煮



テーブルコーディネート

辰巳真由美 CLUB B.C.R

毎回、ゲストを思い描きながら空間やお花のデザインを考えています。空間や、テーブルのコーディネートはワインを楽しむための大きな要素のひとつです。 皆様も、毎回変わるコーディネートをどうぞお楽しみ下さい。

いま飲みたいワイン

「ドネリ/ランブルスコ・レッジャーノ・アマービレ “スカリエッティ・ボトル”」

原産地:イタリア/エミリア・ロマーニャ
葡萄品種:ランブルスコ、ランチェッロッタ
参考価格:¥1,449
輸入元:モンテ物産

弱発泡性で、華やかな香りと、フルーティーな甘さが心地よい一本です。

自分のイメージに近いワイン

「ザレア/ダイヤモンド・コレクション ブリュット」

原産地:ルーマニア/ムルファトラール
葡萄品種:シャルドネ、王家の乙女
参考価格:¥2,520
輸入元:ユーロアジア交易

葡萄品種は、シャルドネと、上品さと芯の強さを兼ね備えた、「王家の乙女」。



葡萄酒街道を行く

ワイン工房あいづ ~福島県猪苗代町~

日本百名山のひとつ、磐梯山は会津のシンボル。会津富士とも呼ばれ、福島県を代表する山です。今回は、その雄大な風景を背にするワイナリー『ワイン工房あいづ』を訪ねました。


まずは、発酵室へ。そこにあったのは、なんとポリ容器で発酵中のワイン。この容器の中で4、5日間かけて、葡萄果汁を一次発酵させるのです。


そのあと、ワインの上澄みだけを、サイフォンでこちらのガラス容器に移し替えます。


熟成庫では、ガラス容器に入ったワインが熟成中でした。このワイナリーでは、樽はいっさい使っていません。



東南向きの斜面、およそ1ヘクタールの畑では、サンセミヨン、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどを栽培。


こちらは、北会津産のマスカットベーリーAから作られたロゼと赤。イチゴの香りとすっきりとした口当たりが魅力です。


つづいて、郡山のメルローと、北会津で採れた食用ぶどうスチューベンを使ったワイン。



郷土の偉人、野口英世が描かれた、こちらのワイン。甲斐ノワールの濃い味わいです。


つづいては、郡山産のサンセミヨン。


最後は、磐梯山ろくの山ブドウで作られたワイン。柔らかな酸味が楽しめます。