•  宮城県仙台市。全国大会常連の強豪ママさんソフトボールチームがある。チーム名「ファイナル・仙台」。震災の影響で中断されていた県予選(宮城県壮年ソフトボール大会宮城県予選)だったが、今年2年ぶりの開催にこぎつけた。「元気な宮城を全国の皆さんに伝えたい…」そんな思いで「ファイナル・仙台」も参加。参加資格は35歳以上、家事に育児に仕事までこなすママさんたちが再び集結したのだ。
     この最強チームを率いるのは高野まゆみ監督(55)。チームの強さの秘訣は3つあるという。
     1.とにかく練習! 2.家族の応援! 3.同じ釜のめし!
     ママさんたちは高校や社会人で活躍した一流選手たち。昔から練習後も試合後も、一緒にご飯を食べながら、グラウンドでは話せない様々な思いを共有してきた。実に29年間もそんな食卓が続いているのだ。そして家に帰ると母に戻る。家族のために料理の腕をふるい、どんなに忙しくても家族との食事の時間をとても大切にしていた。
     今回は彼女たちの“チーム”と“家庭”、両方の顔を取材。最強ママさんたちの強さの源、あったかくて力強い食卓をお送りする。