•  料理ブログ界では『かめきちパパ』の愛称で知られるカリスマブロガー、主夫・亀田保さん。主夫になったのは今から10年前。それまでのサラリーマン生活に終止符を打ち、40歳にして調理学校に通うことを決意した。そして卒業と同時に「SAKE TO RYOURI」というブログを開設し、自分の考えた料理レシピをブログに載せ始めた。現在、かめきちパパのブログには日々15000件ものアクセスがあり、その人気ぶりは新聞や雑誌、テレビでも取り上げられ、最近では彼のレシピをまとめた料理本まで出版されている。
     番組では、彼のおどろきのアイディア料理の数々と、ブログにアップされるまでのユニークな過程を記録。なんとも楽しくて参考になる主夫ぶりだった。
     料理には作り手と食べ手、人と人とをつなぐ力がある。まして、ブロガー亀田さんの料理には、ネットサーフィンする見えない人々をもつなぐ力がある。主夫になって初めて作り手の想いがわかったという。
     そんな亀田さんが日々大切にしていること、それは「家族全員が揃う夕食」だ。それは、単に「美味しいから」ということではなく、「つながりの時間」だからだ。そしてもうひとつの食卓とは…日頃から近所付き合いのある一家族を招いての食卓会。その食卓にも、新たな“つながり”を生み出すパパの手料理が並べられていた。