•  デパ地下の総菜売り場で圧倒的な人気を誇る総菜カンパニー、ロック・フィールド。
     「食で人を驚かせたい、感動させたい」と語るのは社長の岩田弘三さん。厳選素材を使って健康と安全を追求し、エコやオーガニック、さらには日本の食育に至るまで、大きな変革を志ざす信念の持ち主。
     その思いを支えているのがジェニファー・W・シャーマン女史。オーガニックの先駆けとして世界的に有名なレストラン、アメリカの「シェ・パニーズ」のシェフを務める彼女は、総菜ブランド􁴕be Organicのアドバイザーとして年に数回日本を訪れ、レシピや調理の指導にあたっている。
     日米のオーガニックの違いや、素材の調達、大量生産のコストの問題など、様々な問題をお互いが心を開いて向き合うことで乗り越えて来た。
    「日本の食文化をもっと伝えていきたい」
     それが彼女への恩返しだと岩田さんは考えている。
     岩田さんの自宅には、2つのキッチンがある。家族用のキッチンと、特別なお客様を自分でもてなしたい時のみ使う岩田さん専用のキッチン。
     ある日、自宅にある自分専用のキッチンで、ジェニファーさんへの感謝の夕食会を開くことに。
     そこにはささやかなサプライズが込められていた。