•  今回お届けする夢の食卓の主役は、15歳の時から料理人の道を歩み始め、中国料理の世界でその名をはせる脇屋友詞さん。彼が日本で確立した「ヌーベルシノワ」は、伝統的な上海料理の中に、フランス料理や日本料理のテイストを組み入れた洗練された中国料理。その料理は多くの人びとの心を魅了している。
     そんな彼に、スタッフは夢の食卓とは何かをたずねてみた。
     返ってきた答えは、『かつて自分のもとで修業をし、今、料理長をしている人達のまかないを食べたい』というものであった。
     そして、様々な名店で活躍をする10人の料理長が集まり、「まかない」づくりが始まる。昔、初めて褒めてもらったまかないを作る人、師のもとを出て新しく学んだ味を作る人。それぞれの料理長が様々な思いを料理にのせ、卓越した技術で作られていく、まかない料理。かつて同じ釜の飯を食い、共に働いた仲間達の食卓は、笑顔に溢れていた。『まかない』に込められた、脇屋さんの思いとは?
     そして、料理長達にあえて『まかない』を作らせたその真意とは?