•  千葉県船橋市に「塚田のコックさん合唱団」という合唱団がある。平均年齢74歳、男性ばかりの合唱団だ。彼らは塚田地区に住むご近所さんで、週に一度、公民館などに集まり練習をしている。指導するのはオペラ歌手の櫻井淳さん。料理のレシピを歌った歌や民謡、昭和の歌謡曲を合唱する。時には福祉施設や高校に呼ばれ歌を披露する事もある。
     それにしても“コックさん合唱団”という名前はユニークだ。
     この合唱団の発端は実は料理教室。公民館で行われた男の料理教室に参加していた有志が集まり生まれたのだ。だから皆さん、料理すること、食べることが大好き。食卓をとても大切にしていた。
     今回、船橋市の合唱祭に参加する彼らを取材。コックスーツに着替えてステージへ。その歌声を聞くと不思議と元気と勇気が湧いてくる。
     そして、みえてきたのは「食卓」と「合唱」の不思議な関係。