•  今、テレビ番組や雑誌で大活躍の料理研究家、“まさみ&まさる”をご存知だろうか?
     小林まさみ(45歳)と、小林まさる(82歳)は、なんと嫁と舅。「まさみさんのアシスタントをしているバンダナおじさんはいったい誰?」と評判になり、一躍人気者になった。最近では二人一緒に料理イベントに呼ばれる機会も増え、各地に熱烈なファンがいる。
     一念発起して料理研究家になった嫁のまさみさんのアシスタントを舅のまさるさんが任されるうちに、いつしか実の親子以上に息の合った最強の「嫁舅コンビ」となった。野菜を刻んだり、後片付けをしたり、買い出しに行ったりするのは、もっぱら舅のまさるさんの役目だ。雑誌掲載のために、20種類もの試作品を一日がかりで作ることもある。そんな時でも、二人の会話はまるで漫才の掛け合いのようで、常に笑いが絶えない。四年前には、まさるさんもシニア料理研究家としてデビュー。酒のつまみの料理本を出版するほどの腕前になった。
     そんな名コンビが誕生するきっかけは、舅、嫁、夫の三人の家族の食卓にあった。仕事でも家庭でも、いつも共同作業の二人だが、一番大切にしている時間は、同居しているまさみさんの夫を入れた三人で囲む夕食だという。今回は、「まさみ&まさる」が作る笑顔の絶えない愉快な食卓と、ユニークな家族の肖像の物語。