•  “パパ料理”をご存知だろうか。
     パパ料理とは、自分のためではなく妻や子供がお腹がすいたときに作る父親の家庭料理。美味しいだけではなく、家族の健康を考え、家族への思いやりがこもった親父の味だ。
     パパ料理を広めているのが、パパ料理研究家・滝村雅晴さん。全国で料理教室や講演会などの活動を行っている。元々は一流企業で働く“モーレツ社員”で外食中心の生活を送っていたが、長女の優梨香ちゃんが生まれたことをきっかけに料理を始める。自身が作った料理や日常のことを書き留めたブログが口コミで評判になり、パパ料理研究家として地位を確立。会社を辞め、パパ料理を広めるための会社を設立した。
     しかし、3年前、突然病魔に侵された優梨香ちゃんを8歳で亡くした。
    「一緒にご飯を食べる回数は有限。だからこそ1回でも多く、大切な人とご飯を食べる事を大切にしてほしい。」
     その思いを胸に全国の父親たちに料理の楽しさを伝え続けている。
     福岡県で行われたパパ子料理教室。普段料理をしないお父さんたちが、子供と一緒に家族のために料理を作る。料理はコミュニケーション。お父さんも子供たちも料理を始めると、次第に笑顔になる。お父さんが笑うと家族も笑顔になった。
     パパが作った料理で食卓を囲めば、家族はもっと幸せになれる。