•  東京都八王子市。
     都内唯一の道の駅である「八王子滝山」には、一日3000人が訪れる。中でも注目されているのが惣菜店「はちまきや」。採れたての旬の食材を使ったお母さんたちが提供するおふくろの味は多くのリピーターがいるほど大人気。立ち上げメンバーの1人、八王子出身の小俣松子さんは農業もしながら、この「はちまきや」で働いている。この道の駅を訪れる多くの人達の食卓を豊かに彩り、笑顔を届けたい。そんな地元のお母さんたちが惣菜店を通じて愛情の惣菜が届ける幸せな食卓への思いを聞いていく。
     八王子名物と言えば「八王子ラーメン」。人気老舗店「吾衛門」の店主、石川征之さんは、八王子出身で幼い頃からの夢だったラーメン店をここ八王子にオープンして19年。心を込めて作る地元ラーメンで一時でも日々の忙しさから、解放され幸せを感じてもらえるそんな食卓を楽しんでもらいたいと今日もラーメンを作っている。
     八王子市に1997年に誕生したニュータウン「みなみ野シティ」。ここに、里山の知恵や技術を学びながら自然の恵みを楽しむ活動「みなみ野自然塾」が地域の人々の手によって運営され、自然を介した交流が培われている。現在、塾生は、約100家族ほど。一年間の活動で塾生たちが大切に育てて来た八王子産の米や野菜を使って大食卓会が開かれた。塾長、橋山春男さんを中心に、塾生家族たちが共に収穫し、作り、笑顔で食卓を囲む。
     それぞれの八王子の食卓でみなさんは、何を見いだし、何を感じ、楽しまれているのだろうか?