•  三重県多気郡大台町大杉谷地区。清流・宮川の源流部に大杉谷自然学校が設立されたのは13年前。毎年、全国から小学生がやってきて子供達だけで自然の中で2泊3日のキャンプを行う。子供達は、冷たく澄んだ渓流で川あそびを体験。川魚を捕ったり、およそ4mの高さから川に飛び込んだり、雄大な自然を体感する。子供達が囲む食卓も特別だ。子供達自ら薪を使い羽釜でご飯を炊き、鮎に串をさし炭火で焼き上げる。宮川の源流探検中に食べる「おにぎり」は最高。さらに地元のおかあさんたちが作った「川魚料理」や「鹿肉をつかった料理」も格別だ。校長の大西は言う。
     「彼らが大人になった時、ここでの食卓の思い出が「心の糧」になってほしい。」
     今回は食卓を大切にする、大杉谷自然学校の食卓をお伝えする。