•  世田谷に大人気の「おとこの台所」というサークルがある。これは、世田谷区社会福祉協議会が支援する「ふれあい・いきいきサロン」として活動している男性だけの料理 サークルで2002年5月、4人のメンバーがリタイアした男性たちが集う仲間作りの場として始めたもの。12年目を迎えた現在、区内8カ所でメンバーは約270名と大盛況で毎年メンバーの数はどんどん増えている。
     ある朝、世田谷区松原のとある会場に男性たちが続々と集まって来た。到着するや否や、エプロンをつけてさっそく料理教室がはじまった。講師役は、立ち上げメンバーの1人で現役時代は出版社で仕事をしていた龍國朝さん(80歳)。料理を学んでいるのは、日本をささえる企業戦士として第一線で働いてきた65歳から80歳の男性21名。ここに集まる男性たちのほとんどが、現役時代に包丁などにぎったこともない料理未経験社ばかり。しかし、そんな「おとこの台所」のメンバーは、この会と出逢ってから、料理と食卓の素晴らしさに目覚め、自分のためだけでなく、人々と幸せにするさまざまな食卓会を開くようになった。
     大手自動車関係に勤務していた藤田さん(66歳)はこれまで苦労をかけた妻のために、元商社勤務だった小林さん(77歳)は、日頃仕事をかんばっている娘婿とその家族のために。また、これまでつながりのなかった地域の方々へもこの幸せを分けたいとボランティアで料理を一緒に作り食卓を囲む。
     おとこの台所の男性は言う「料理は人と人をつなぐパイプ役。そして食卓を一緒に囲むと打ち解けつながっていく力がある」そんな幸せを運ぶ「おとこの台所」の食卓とは・・・。