•  店を持たずして、旅をしながら料理をふるまう人気の料理人がいる。出張パスタシェフ・石川進之介。自らを出張パスタシェフと呼び、全国各地の家庭やイベント開催地を訪れ、パスタをつくり、豊かな食卓を生み出している。
     今回のプロジェクトは北海道・別海町と中標津町を訪ね、その土地の食材を使い、生産者を招きパスタ会を開くこと。中標津町初の小麦、手間ひまがかかる行者にんにく、自家製の牧草を与えて育てている和牛など、石川自ら現地へ出向き、見て食べて体感した事を元にメニューのイメージを膨らましていく。
     この食卓会が地域活性につながり、きずなを深めるのだという。
     「私が出張パスタにこだわるのは、ダイレクトにお客さんの反応を感じとれるため。そして、食卓からはじまるコミュニケーションって素敵で、楽しいものだと強く思うから・・・。」
     石川が旅して生み出す食卓。そこには笑顔があり、幸せがつまっている。