番組情報
映画・ドラマ

<午後の名作ドラマ劇場>『所轄刑事7~能登・金沢ストーカー連続殺人事件の闇~』




次回の放送予定

2019年2月12日(火) 17:00~19:00


 豪雨による地滑りで白骨死体が奥能登の山間部で見つかったころ、東京・御茶ノ水辺りでは御茶ノ水署生活安全課の斉木斉(船越英一郎)と梢田威(的場浩司)の2人が、アパートの一室の窓をこじ開けようとしている河合駿平(成松慶彦)に出くわしていた。不審者として梢田に取り押さえられる河合だったが、自分の部屋に入ろうとしていただけと主張する。家賃を1日滞納しただけで部屋の鍵を付け替えられたという河合の話を聞き、斉木は「ゼロゼロ物件」を疑うもその真偽を確かめるために梢田、河合とともに不動産屋に確認に向かう。向かったオオトモ不動産では弁護士の榊原(山田純大)がホームレスの代理人として大友(木下ほうか)から生活保護費の返還を求めているところだった。斉木、梢田の口添えのかいあって、違約金を払うことなく済んだ河合だったが、滞納金を支払う余裕はなかった。乗りかかった船とばかりに斉木は河合を質屋に連れてゆき、唯一所有していたメモリーオーディオと梢田の腕時計を質草に金を借りる手はずを整えてやるのだった。
 翌日、梢田は近所の保育園で働く和泉薫(安達祐実)とお見合いをする。間を取り持った保育園園長の野々村照代(茅島成美)の話では薫は両親を幼いころに亡くし、さらに親代わりだった姉も高校3年生のころに事故で亡くしたとのことだった。照代が立ち去るとぎこちないながらに会話を交わし、お互いの距離を近づける。
 一週間後、オオトモ不動産で社長の大友の撲殺遺体が発見される。凶器はステンレス製の花瓶と思われ、床に花と水が飛び散っていた。大友の財布、携帯電話、カバンが見当たらないほか、デスクやキャビネットの一部が荒らされていたため、強盗殺人の線も考えられた。オオトモ不動産に向かった斉木と梢田は刑事課の辻村(赤坂泰彦)と川崎(大沢樹生)に大友が「ゼロゼロ物件」などのいわゆる「貧困ビジネス」に手を染めていたとことから怨恨(えんこん)の線もあるのではと助言するが2人は全く取り合わず…。

出演者・スタッフ
<出演者>
斉木斉:船越英一郎
梢田威:的場浩司
辻村隆三:赤坂泰彦
暮林ヒトミ:上原さくら
川崎刑事:大沢樹生
富井一郎:徳井優
本田マリコ:内田もも香
一色署長:六平直政
服部甚三郎:上田耕一
野々村照代:茅島成美
佐藤修一:中田博久
大友政行:木下ほうか
河合駿平:成松慶彦
服部加寿子:長澤奈央
越村刑事:五代高之
東出壮介:堀内正美
和泉早苗:小野真弓
岩田和志:ひわだこういち
榊原哲郎:山田純大
和泉薫:安達祐実
ほか
<スタッフ>
原作:逢坂剛
脚本:外村朋子