Intro イントロダクション

 北川悦吏子脚本の大ヒットドラマを韓国でリメイク!「ミセン-未生-」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「アルハンブラ宮殿の思い出」など、数々の名作を世に打ち出してきた韓国の制作会社STUDIO DRAGONがフジテレビと共同制作した。演出は「ナイショの恋していいですか!?」「ああ、私の幽霊さま」のユ・ジェウォン、脚本はドラマ「マイ スウィートソウル」、映画『メモリーズ 追憶の剣』『愛を歌う花』などを手掛けたソン・ヘジン。日本中を熱狂させた切ないラブサスペンスとしての世界観を生かし、登場人物の心の動きがより詳細に描かれる。韓国版ならではの新たな展開も盛り込まれ、原作を知る人はもちろん、知らない人でも楽しめる完成度の高いドラマに仕上がっている。

 抗いがたい魅力を放つミステリアスな男、キム・ムヨンに扮したのは、「応答せよ1997」「ショッピング王ルイ」のソ・イングク。確かな演技力と独特の存在感を発揮し、善人なのか悪人なのか判断のつかない孤独な青年という難役を見事に演じ切った。日本でも大ヒットした「赤と黒」出演から数年、大人になったチョン・ソミンは、数奇な運命に翻弄されるヒロイン、ジンガン役を透明感たっぷりに好演。

 幼い頃に両親を失い、大きなやけど痕を抱えながら育ったジンガンは、同じ傷を持つムヨンといつしか惹かれ合っていく。ジンガンの兄、ジングク役には『新しき世界』のパク・ソンウン。妹ジンガンを溺愛する心温かい刑事役に挑戦した。お茶目な姿も披露しつつ、ムヨンを警戒してジンガンに近づかせまいと必死で阻止する兄の姿を熱演し、ソ・イングクと演技対決を繰り広げた。さらに、イケメンぞろいのブルワリーで働くヒジュン役を演じたVIXXのホンビンも必見! ムヨンと児童養護施設で共に育ち、彼をよく知る唯一の友人という重要な役どころを担った。(全16話・字幕)

あらすじ

 広告デザイナーのユ・ジンガン(チョン・ソミン)は幼い頃に両親を失い、20歳年の離れた兄ユ・ジングク(パク・ソンウン)と2人で暮らしている。ある日、親友ペク・スンア(ソ・ウンス)の陶芸展に招待されたジンガンは、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員キム・ムヨン(ソ・イングク)と出会い、彼の失礼な発言に憤慨。兄のジングクもまた陶芸展に向かう途中でムヨンとすれ違い、彼の眼差しになぜか胸騒ぎを覚えるのだった。

 一方、スンアは恋人である財閥御曹司チャン・ウサン(ト・サンウ)が有名教授の陶芸品を彼女の作品として展示したばかりか、作品解説のトークショーまで準備していることを知ってウサンを責める。2人の会話を耳にしたムヨンは偶然を装って作品を壊し、スンアが嫌がっていたトークショーを阻止。スンアはたちまちムヨンに夢中になり、彼と付き合い始める。しかしムヨンが別の女性と映画館にいる姿を目撃したジンガンは、スンアへの気持ちが本気だとは思えず、ムヨンに会うたびにケンカ腰になってしまう。

 そんな中、女子大生殺人事件を捜査していたジングクは、数々の手がかりからムヨンが事件に関与していると直感するが…。

Story 各話のあらすじ

#01 「運命の出会い」

広告デザイナーのジンガンは幼い頃に両親を失い、20歳年の離れた兄ジングクと2人暮らし。ある日、親友スンアの陶芸展に招待されたジンガンは、パーティーのスタッフとしてやってきたビール会社の従業員ムヨンと出会い、彼の失礼な発言に腹を立てる。一方、恋人のウサンがお膳立てした陶芸展にうんざりしていたスンアは、自分の窮地を救ってくれたムヨンに心を奪われる。そんな中、ジングクはムヨンの眼差しになぜか胸騒ぎを覚えるが…。

#02 coming soon…

#03 coming soon…

#04 coming soon…

#05 coming soon…

#06 coming soon…

#07 coming soon…

#08 coming soon…

#09 coming soon…

#10 coming soon…

#11 coming soon…

#12 coming soon…

#13 coming soon…

#14 coming soon…

#15 coming soon…

#16 coming soon…

Cast & Staff キャスト&スタッフ

  • キム・ムヨン

    キム・ムヨン

    クラフトビール・ブルワリー、アーツの醸造士。魅力的だが冷たい独特の眼差しと瞬間記憶能力を持ち、ミステリアスで危険な香りを漂わせている。本気で誰かを好きになったことはなく、他人の感情に無関心。6歳から児童養護施設で育ち、それ以前の記憶はないため、本当の年齢や両親の名前も知らない。

    ソ・イングク

    1987年10月23日生まれ。2009年、オーディション番組で優勝し、歌手デビュー。2012年、「応答せよ 1997」で俳優としても大ブレイク。近年の主演作は「元カレは天才詐欺師 ~38師機動隊~」「ショッピング王ルイ」(2016年)。

  • ユ・ジンガン

    ユ・ジンガン

    広告デザイン会社のデザイナー。ムヨンが勤務するアーツのブランドデザインを担当している。幼い頃に両親を亡くし、20歳上の兄ジングクと二人暮らし。明るくまっすぐな性格で、困っている人を見ると放っておけない優しい心の持ち主。彼氏がいないことをジングクに心配されている。

    チョン・ソミン

    1989年3月16日生まれ。2010年に「赤と黒」でデビューし、「イタズラなKiss~Playful Kiss」のヒロインに。2017年、「適齢期惑々ロマンス~お父さんが変⁉~」「この恋は初めてだから~Because This is My First Life」に出演。

  • ユ・ジングク

    ユ・ジングク

    経歴27年のベテラン刑事だが、出世にはまるで興味がない。ニックネームは“ユ課長”。一度も結婚せず、最愛の妹ジンガンを男手ひとつで育て上げた。明るくユーモアのある男性だが、実は長年消えることのない心の傷を抱えている。ムヨンを見るたびになぜか妙な緊張感と胸騒ぎにおそわれる。

    パク・ソンウン

    1973年1月9日生まれ。1997年、映画『ナンバー3』でデビュー。2007年、「太王四神記」で知名度を上げ、映画『新しき世界』(2013年)、「リメンバー~記憶の彼方へ~」(2015年)、『スウィンダラーズ』(2017年)などに出演。

  • キャスト

    キム・ムヨン役 / ソ・イングク
    「応答せよ 1997」「ショッピング王ルイ」
    ユ・ジンガン役 / チョン・ソミン
    「赤と黒」「イタズラなKiss〜Playful Kiss」
    ユ・ジングク役 / パク・ソンウン
    「太王四神記」「リメンバー~記憶の彼方へ~」
    ペク・スンア役 / ソ・ウンス
    「黄金の私の人生」
    チャン・ウサン役 / ト・サンウ
    「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」
    ノ・ヒジュン役 / ホンビン(VIXX)
  • スタッフ

    演出 / ユ・ジェウォン
    「ああ、私の幽霊さま」「明日、キミと」
    脚本 / ソン・ヘジン
    『愛を歌う花』
    原作脚本 / 北川悦吏子
    「ロングバケーション」「半分、青い。」

Chart 相関図