番組情報
時代劇

<時代劇名作選>『新・座頭市Ⅲ』


次回の放送予定

2017年10月20日(金) 08:55~09:54

毎週(月)~(金) 08:55~09:54


第11話「人情まわり舞台」


 日本を代表するスター・勝新太郎が心血を注いだ伝説のテレビシリーズ「座頭市」の第4弾!第10話には、ゲストに原田芳雄が登場!

 盆ござの上のいざこざからしつこく芝宿の文吉一家に追われる座頭市(勝新太郎)は、ある宿場で、酔眼もうろうとしたサエない中年男に呼び止められた。三年前、市は、潮来の賭場でイカサマに巻き込まれて元も子もなくした舟大工の新三(原田芳雄)に、元金を取り返してやったことがあった。金はかねてなじみの遊女・おつね(稲川順子)との駆け落ちに必要な大切な逃走資金であった。酔っ払いはその新三のなれの果てであった。
 重なる旅にいつか浮世のあぶれ者、酒とばくちに身を持ちくずし、好いて好かれたおつねは、新三のばくちの借金のかたに、やくざ大町の卯三郎(田武謙三)一家が経営する女郎屋「つたや」で働かされていた。新三はその「つたや」のしがない下働きだ。人間の自尊心などとっくにどこかへ置き忘れていた。
 芝宿一家が大町一家に草鞋を脱いだ。顔を売るにはまたとないチャンスだ。卯三郎は芝宿一家に加勢を約束した。好色な卯三郎が美人のおつねに目をつけた。卯三郎は力づくでおつねに言うことを聞かせた。おつねを返す条件に座頭市の首を取ってこいと言われた、新三は…。

出演者・スタッフ
<出演者>
座頭市:勝新太郎
新三:原田芳雄
おつね:稲川順子
卯三郎:田武謙三
吉次:中村明豊
浪人:新海丈夫
酌婦:ひろ新子
追手のやくざ:小峰隆司
豊満な女:三笠歌子
ほか
<スタッフ>
原作:子母沢寛
脚本:中村努
監督:黒木和雄
音楽:村井邦彦
制作:勝プロ フジテレビ





番組概要
 前作の好評により、制作された『座頭市』のテレビシリーズ第4弾。娯楽路線をベースに内容をさらに充実させ、市の個性や人間性をさらに広げながら、幅広い層によりわかりやすく親しんでもらう。野放図な反面なかなかのちゃっかり屋で、ユーモアの横溢した言動のうらに独特の悲しみが漂う、善人のくせに時には愛すべき悪党にもなる、そんな人間臭さのある座頭市を、ご存知勝新太郎が演じる。(全26話)