番組情報
時代劇

<時代劇名作選>『新・座頭市Ⅰ』




次回の放送予定

2017年8月24日(木) 08:55~09:54

毎週(月)~(金) 08:55~09:54


第18話「酔いどれ川」


 没後20年の節目を迎えた名優・勝新太郎が主演をつとめる大ヒット時代劇シリーズの第2弾!今回は野川由美子が出演!
 
 やくざ・鹿川の伝兵衛(平田昭彦)は、代官の妾のお古のおせん(絵沢萠子)と抱き合わせに朱房の十手をもらい、やっと念願の二足の草鞋を履くことができた。そのため、おせんにはからきし頭が上がらない。うさ晴らしに、伝兵衛は居酒屋「竜井」に通いつめる。おかみのお竜(野川由美子)が目当てだった。小股の切れ上がったイキな美人のお竜は、もちろん野暮な伝兵衛など眼中にない。惚れたが因果、身もふたもない悪態にもめげず、振られても振られても伝兵衛はあきらめなかった。
 座頭市(勝新太郎)はそんなお竜と意気投合。やくざ風を吹かせる伝兵衛一家の三下たちを、胸のすくような江戸前のたんかで追い散らす気っぷのよさに、溜飲の下る思いだ。飲みっぷりも見事だった。目もとをほんのり桜色に染め、酔うほどに愛すべきうわばみぶりを発揮し、斗酒なお辞せずの市をたじたじとさせる。
 お竜は伝法なばかりではなかった。器用な生まれつきで、手なぐさみで作ったという紙人形を旅のつれづれにと市にそっと手渡すような、心のやさしい女でもあった。市は二度惚れ直す。
 とんだ恋路の邪魔者が、凶状持ちの座頭市だと知り、伝兵衛はいきり立った。この際是が非でも市を斬って男を上げ、日頃さんざん小馬鹿にするおせんの鼻をあかさねばならぬ。そんな時、やくざ同士の喧嘩に巻き込まれ、傷害事件を起こして島送りになっていたお竜の亭主・弥之助(村井国夫)が、恋しい女房に一目会いたさの一心で島抜けをしたという。そして…。

出演者・スタッフ
<出演者>
座頭市:勝新太郎
お竜:野川由美子
弥之助:村井国夫
茂助:左右田一平
鹿川の伝兵衛:平田昭彦
万蔵:綾川香
おせん:絵沢萠子
ほか
<スタッフ>
原作:子母沢寛
脚本:岩元南
監督:太田昭和
音楽:村井邦彦
制作:勝プロ/フジテレビ



番組概要
 前作の好評により制作された『座頭市』のテレビシリーズ第2弾。作品自体は、市が訪れた土地で出会う人々との交流を軸にしたシンプルなフォーマットだが、主演はもちろん、多くのエピソードで監督も務める勝新太郎の閃きが全編にわたって満ち溢れている名作。物語の中で描かれる細やかな人間模様にも注目!(全29話)