番組情報
情報・ドキュメンタリー/バラエティ・トーク

『新春ビッグ対談 瀬戸内寂聴×池上彰~日本の現在(いま)と未来を語る~』


次回の放送予定

2017年1月5日(木) 18:00~19:55


 小説家・僧侶の瀬戸内寂聴(94歳)とジャーナリスト・池上彰(66歳)のテレビ初対談が実現。
 対談のテーマは「日本の現在と未来」について。大人たちは子どもたちに希望ある未来を残すことはできるのか。2016年に日本、世界で起こった数々の問題について話す中で、二人の口からはさまざまなメッセージが語られる。
 久しぶりに再会した池上に「池上さんにお会いするときは、分からないことを教えてもらうという気持ちです」と話した瀬戸内。この日の対談では聞きたいことがたくさんあったとのことで、池上に会うのを楽しみにしていた様子。一方の池上も「ニュースは解説できるかもしれませんが、私は生き方については解説できないので、そのあたりについて大先輩にうかがいたいです」と返した。
 まず、会話は瀬戸内が「池上さんに会ったら真っ先に聞きたかった」と話すアメリカ大統領選の話。アメリカに住む友人たちの選挙後の反応を見て、現地の日本人、そして日本という国に今後どのような影響が起こるのか気になったのだと話す。それに対し池上は、今回の大統領選でのアメリカ国民の想いや、日本でも二分する選挙結果を受けての意見について話す。話を続けるうち、瀬戸内からはアメリカに住む家族の話も語られ、対談はより深い部分まで話が進んでいく。
 長年の人生経験を元に想いを述べる瀬戸内と、社会情勢を冷静に分析し自身の想いを述べる池上。お互いの会話の切り口は違うが、二人の言葉には自然と同じ想いが浮かび上がってくる。
 今回の選挙戦においても立場が違えば、考え方も変わるという話題から話はやがて、未来を築く子どもたちの教育、現代の日本人の考え方、生き方にまで及ぶ。
 子どもたちを自殺にまで追い込むいじめ問題、教育者と親たちの関係性が変化してきた教育現場。そして、日本が抱える大きな課題である人口減少・少子化問題。日本に生きる各世代が抱える問題に焦点をあて、二人の対談は進んでいく。
 そして、二人が最後に語るのは、人生の終末にについて。世界一の長寿国であり“終活”という言葉も生まれた日本。94歳となった瀬戸内が「この歳の私が言うのだから説得力があると思う」と言葉にした理想の人生の終わり方、本当に幸せな最期とはどんなものなのか。
 2時間にわたって行われた今回の対談をほぼノーカットでお送りする。

出演者・スタッフ
<出演者>
瀬戸内寂聴
池上彰