第8話 この山の魅力

 スカンジナビア半島の山岳地帯の大部分を占める、ノルウェー。北欧の屋根と言われる国立公園の息をのむような景色の中、クラウスは山の恵みを取り入れたレシピを完成させる。

 今回、クラウスはデンマークから足を伸ばし、隣国ノルウェーの首都・オスロへ。まずはオスロへ向かう移動中のフェリーのデッキで、ニシンを使った北欧の伝統的な料理を仕上げる。
 そして、上陸したクラウスが目指すのは、北欧最大の山岳地帯で“巨人たちの住みか”と呼ばれるヨートゥンハイメン国立公園。湖と山々が織りなす壮大なパノラマを背景に、クラウスはライチョウをメインに、野生のベリーやきのこをふんだんに使ったレシピを披露する。



 ノルウェーは、ダイナミックな自然が大変美しい国。氷河によってつくり出された複雑な地形フィヨルド、北極圏のオーロラ、ヨーロッパ最北端のノールカップの「真夜中の太陽」など、日本では体験できない大自然を味わうことができる。
 そのノルウェーの首都オスロは、オスロ・フィヨルドの最奥部に位置する、国最大の都市。南にオスロ・フィヨルド、三方を山に囲まれた街並みはノルウェー文化の中心地であり、緑豊かな自然と見事に調和して美しい景観をつくり出している。