第125回 清水ミチコ

前編 2018年1月20日(土) 22:30~23:00

 出会い頭、「堺さんに初めて会ったとき、その人格者ぶりに驚いた」と番組ホストをいい気持ちにさせてトークはスタート。その効果やいかに? 「清水さんのモノマネ、受けてますよね!」に「カニも好きだけどカニカマも好きなんですよみんな!」と応じる。けだし名言! 堺「レパートリーは何人くらい?」、清水「120人!でも似てるのは4・5人ですね」。トーク中でもお馴染み“桃井かおり”をはじめ、“小池百合子、田中真紀子、大竹しのぶ、”のネタがおねだりをしないのにポンポン飛び出す。音楽シーンは贅沢にも渡辺香津美との競演で矢野顕子の名曲を弾き語りで披露してくれる。

後編 2018年1月27日(土) 22:30~23:00

 中学時代、大前君の自治会選挙の応援演説での成功に味をしめたのがこの道に入るきっかけになったという。その後、同級生ヨッちゃんに気に入られようとオモシロネタに没頭したことも腕を磨く要因になったと話す。そして、プロになるまでの歩みを可笑しく話してくれる。突然、堺「楽屋に挨拶に来なかったね」とイジリ出すが「行った方が良かったですかねえ」と軽くかわしてしまう。かつて、永六輔にも、「客前での態度が良くない」と注意されたという前歴も思い出す。今回もモノマネネタが随所で出てくるのだが、「堺さん誰だか当てて下さい」と言って「隣の国の者だよう、色々あったけど娑婆に出たら・・・」とネタが始まる。ちなみに堺正章は分からなかった。音楽シーンはユーミンの歌を弾き語りで。優しい渡辺香津美も快くつきあって下さった。

出演者