第120回 柴俊夫

前編 2017年11月11日(土) 22:40~23:10

 歳はひとつ堺の下、50年前からの付き合いという柴俊夫。この年代のトーク定番、健康ネタで番組はスタート。そして、浅草生まれの柴らしくお祭りの話題に。御神輿の素晴らしさと美しさを熱く語る。堺「女性がかつぐのって?」、柴「それってボクに訊きます?」どうも気に入っていないご様子。若いころから説教魔で、付いた仇名が「説教出目金ゴリラ」。話題は趣味の話に。旅行好きでもう60カ国は回ってるとか。堺「旅行には奥様(真野響子さん)もご一緒で?」、柴(間があって)「いえ」。その理由を聞いても納得できるか、どうでしょう。音楽シーンでの冒頭、「古くから長谷川さんとはお付き合いがあるんですよ」というわりにはそうでもなかったことが判明。それでも、長谷川きよしがリクエストに応えて「黒の舟歌」を演奏してくれる。

後編 2017年11月18日(土) 22:30~23:00

 若くしてモデルでスカウトされた柴俊夫が俳優の道を歩むまでを面白く話してくれる。シルバー仮面からドラマへの道、最初は浅丘ルリ子の相手役だった。なにしろ飼い猫に「ルリ子」と名付けるほど大ファンの彼は仕事どころではなかったのだという。トークは一瞬マジメになり40年も続けているボランティアについて熱く語り出す。ミュージック・シーンは元フォーク少年らしくギターまで持ち込み「小さな日記」を長谷川きよしと競演。見所は転調シーン、なんと演奏中カポを移動させるという離れ業でその場を凌ぐ。

出演者