第96回 浅香唯

前編 2016年12月10日(土)22:30~23:00

 元祖アイドル四天王のひとり浅香唯が今夜のゲスト。四天王の話題から三人ヒロシの話題にに持っていける堺の話術も流石だが、無理矢理かまやつひろしが三人ヒロシの一員だったというネタを披露。堺「最近の活動は?」、唯「年に一回バースデー・ライブをやってます。今年も12月4日に…」と機に乗じて告知モードに入ったが、「放送の時点でそれは終わってる」と告げられ「来年もやります」で一段落。気を取り直して、小3の娘やドラマーのご主人の話、そして芸能界に入った奇妙なきっかけを宮崎弁を交え披露。オーディションでは数回にわたる審査を経て優勝、そのあとの家族との痛々しい葛藤を目に涙を浮かべ話し出す。ミュージック・シーンでも、長谷川きよしにリクエストした曲を聴きながら涙する唯が…。

後編 2016年12月17日(土)22:30~23:00

 上京して初めて知った己の宮崎弁。「訛りを矯正する学校にも行ったんですよ」。堺「じゃ、試してみましょう。箸と端?」。見事不正解!その訛りのために、受けるオーディション片っ端から落とされてきたというが、その宮崎訛りのおかげで主役の座を射止めたのが「スケバン刑事」だった。その放送の翌日から人生が変わったという。そんな唯だったが、23歳のとき休業宣言をする。そして、復帰。その後、15年付き合ってたバンドのドラマーとの結婚エピソードを公開。最後は番組のために持ってきてくれた重い宝物をお披露目。その宝物に開場は大拍手。

出演者