第91回 東ちづる

前編 2016年10月1日(土)22:30~23:00

 いつものハイテンションで登場の東に「仕事場に来るとテンション作るの?」と尋ねる堺。「そんなことはない!」とのゲストの回答に「こんなのがウチにいたらうるさいでしょうね」と“元祖・お嫁さんにしたいお姉さん”に対しての失礼な感想。まずは、瀬戸内海は因島で育った家族のお話しから。高校三年間の記憶がないという東は成人になってカウンセリングを受けたほどの重度の記憶障害。その原因はなんと…。そのときのカウンセリングに対し堺から、今更の、適切なるアドバイスが。先生になるため教職課程までとった東が一転して大阪へ出てSONYへ就職、そして芸能界へのきっかけが腕相撲というから変だ。長谷川きよしが唄う「セイリング」、聴き終わって、ロッド・スチュアートより良かったと大感激!

後編 2016年10月8日(土)22:30~23:00

 「付き合って下さい」と東ちづる自ら申し入れた2コ下のご主人は大の芸能界嫌い。結婚によって自由がなくならないように、ひとつのルールをもって臨んだという。堺「ちづるさんは夢中になってることがある?」東「そうなんですよ、自分の団体作っちゃったんですよ」。どんな団体か?ご本人のお口からちょっといいお話しが聞けます。いいお話しのあとは彼女に降ってきたスキャンダラスな事件の告白。突然、写真週刊誌によって知ることになったスキャンダルとは。でも「今は平穏です。宇宙時点で考えれば、ほとんどのことはどうでもいいハナシです」と東が言うと、「宇宙」という単語に反応した堺から宇宙人のお話しに展開。すかさず対応する東。そこからUFOばなしで盛り上がる。今夜のミュージック・シーンは「イマジン」。東のたってのリクエストで忌野清志郎バージョンを長谷川きよしが披露。感激に浸る東だが、番組最後の決まりの質問には珍答が!

出演者