第79回 安めぐみ

前編 2016年4月16日(土)22:30~23:00

 昨年3月にお母さんになったばかりの、安めぐみがゲスト。堺正章がなかなかシュールなジョークを交え、安と夫・東MAXの私生活を、根掘り葉掘り聞いていく。まずは愛娘うたちゃんのことから。命名は、なんと欽ちゃんなのだとか。堺が「それ、テレビ用の発言じゃないですよね?」と思わず言うほど、東MAXの良きパパぶりにはビックリ!12歳年上の東MAXの、若作りにかける、いじらしいまでの努力が明かされる。すると「ふたりのカップリングが納得いかないんですよ」と堺。東MAXのことを「白馬の王子様みたいのじゃなくて、『人力車』みたいじゃない!」と言えば、安も「そうですねえ…」。ふたりの出会いは、その後のふたりを象徴するかのようだったと言う。芸人としての夫について「家で面白いかいうと、そこまでではない」と普段の東MAXを赤裸々に語る安に、「テレビでもそんなに面白くないし~」と返す堺。すると慌てて「面白い、面白いです!」と一生懸命に旦那をかばう安が可愛らしい。そして安は、自然に出来た!という、自作の子守り歌を披露することに。渡辺香津美の優しいギターの音色にのせて、安は我が子に聞かせるように歌うのであった。

後編 2016年4月23日(土)22:30~23:00

 前編に引き続き“タータン&めいちゃん”、いえいえ、東MAXと安めぐみの明るい家庭の話が続く。なんと意外なことに、おっとりに見える安が一人で焼き肉店に行ける強者だと発覚!対象的に、寂しがりやなのか何なのか、夫・東MAXはやたらと家に人を連れてきてしまうのだとか。家族旅行ですら、家族旅行ではなくなるというから驚き!さて、どんなへんてこぶりかはオンエアを観てのお楽しみ!東MAXも公言する“天然”な安が、「私はすごく、とてもしっかりしていると思っているんですよ」と言うから堺もコケる。さすがに堺も心配気に「あなたのようにおっとりした人は、置いてけぼりとか…」と、芸能界での苦労話を聞き出そうとするが、安は「うーん」と首をかしげ「あー、もう一度(質問を)お願いします~」とのたまい、またまた堺をコケさせる。いやなに、そうは言っても芸能界をしっかり生き抜いてきた、安流の心構えは聞けたのであった。カラオケの選曲で、東MAXとの年の差を感じることがあると語っていた安が、そのギャップを埋めてくれるという、夫婦揃って大好きな名曲を披露する。渡辺香津美の伴奏で歌うその曲は、ドリカムの、あの名曲であった。

出演者