第68回 有森也実

前編 2015年11月14日(土)23:00~23:30

 「今日のゲストは有森○△・・」と噛み気味に堺が紹介すると、登場した女優・有森也実が「言いにくいですよね~」とケラケラ笑う。その名前の由来から始まって、40年以上も前にふたりが共演した映画「キネマの大地」の話に続く。この映画は、有森が新人女優賞を総ナメにした記念すべきデビュー映画。その撮影現場での苦労話に花が咲く。役名の小春を芸名にしようという案もあったという話から、堺は自分の次女が小春という名前だと明かすが「全然、映画とは無縁ですが」と、有森が一言ポロリ…。そして近日公開予定の映画「犬婿入」での役作りにボクシングを体験したばかりの有森が、堺を相手にジャブを打つと「痛いよ!」と堺が叫んだ。どんなハードパンチかと思いきや、その原因は、何と有森がしていた指輪にあった!そのやり取りからも有森が軽妙な人だと伝わってくるが、さらにエスカレートして!ピンクレディの振りから自宅でのスポーツ観戦時の雄叫びまでをも披露する。いや、堺が有森を乗せに乗せまくる!そして最後に長谷川きよしが歌い上げたのは、ふたりが共演した映画「キネマの天地」の主題歌「蒲田行進曲」。会場がノスタルジックな雰囲気に包まれた。

後編 2015年11月21日(土)23:00~23:30

 「趣味は」という堺の問いかけに、「クラシック・バレエと、ひとりでコツコツできること」と有森。間髪を入れず「積み立て貯金?」と堺が返すが、そんな訳はなく、ケラケラ笑いながら「手芸です」と答える有森であった。有森お手製の手芸作品が数々披露されるが、勢い余って大先輩の堺にタメグチになっていく、興奮冷めやらぬ有森の変化にご注目。「旅行はどう」と聞かれ、ベネチアでのマネージャーとの秘話が飛び出す。それが堺もびっくりな、いや、ガッカリする内容で…。一応、恋の話だった事もあり、「東京ラブストーリー」に出演していた時の話へと移り、当時大人気だったトレンディドラマでの、憎まれ役だが、はまり役のエピソードが続く。そして32年間女優業をやってきた中での、転機とも言える舞台での話から、まさかの結婚話に!そしてその時「何だその顔は!」と、堺が叫んだ!?さらに堺が質問し、有森が即答するお遊びが始まると、そのショッキングな答えに堺が「鼻が出ちゃったあ!」とハンカチを出す場面も…。最後は、べッド・ミドラーの「ローズ」を長谷川きよしが歌い上げ、リクエストした有森が、曲に聞き入りながら涙を拭うほどの深く感動的なシーンとなった。

出演者