第35回 増田惠子

前編 2014年7月26日(土)23:00~23:30

 今回のゲストは増田惠子。物心ついたころから歌手になりたい!と思っていたという増田。中学2年の転校先で、のちに社会現象を巻き起こすこととなる“ピンク・レディー”の相棒「ミー」と運命の出会いを果たす。それぞれに歌手になることを夢見てレッスンを始めたふたりがデュオとしてデビューするまでを語る。実は“ピンク・レディー”となるまでにふたつの名前があった?!
 本人たちも「これでは…」と落胆したというその名前とは?!
 “ピンク・レディー”命名にまつわるエピソードから、名付け親、作曲家・都倉俊一の初期の楽曲を番組オリジナルアレンジでプレゼント。

後編 2014年8月2日(土)23:00~23:30

 今回のゲストは前回に引き続き増田惠子。“ピンク・レディー”としてデビューするやいなやいきなり大ヒット、1日が何十時間にも感じるほどの忙しさだった。スター街道をひた走るピンク・レディーだったが、徐々に物事の歯車が狂い始める。バッシングに行き違い…やがてピンク・レディーは解散。ソロとなり、ピンク・レディーの“ケイちゃん”から“増田けい子”となった時の心境とは…?
 現在、ソロでのライブの中でピンク・レディー時代の曲を歌うこともあるという増田に、堺が突然リクエスト!増田が披露するのは、誰もが知る大ヒット曲!!
 宮川彬良との即興演奏はどうなるか…

出演者