第20回 樹木希林

前編 2013年12月28日(土)23:00~23:30

 今回のゲストは樹木希林。樹木と堺の組み合わせといえば誰もがまず思い浮かべるのはやはり1970年の大ヒットドラマ「時間ですよ」。そしてそれは二人にとっても同じようだ。かけあいのネタを作り続けたことや、次から次へとあふれ出てくる当時の思い出話にしばし花が咲く。さらに二人が共に知る往年の名優たちのエピソードも存分に披露。
 そして樹木にとって、娘婿の本木雅弘の存在も大きいようだ。本木の話となると目を細め、娘婿への愛情たっぷりのエピソードを語る。服はもらいものばかりという樹木は、なんと本木のおさがりの服も自分流にアレンジして着こなすとか!ひょうひょうとしつつ、芯のぶれない樹木ならではのトークにスタジオ中が引き込まれる!

後編 2014年1月4日(土)23:00~23:30

 前回に引き続き、今回のゲストは樹木希林。文学座に入ってすぐの頃、「七人の孫」というドラマにお手伝いさん役で出演。この番組で森繁久彌と運命の出会いを果たし、悠木千帆(過去の芸名)という女優が世に出ることとなる。
 森繁は樹木の人生にとって大きな存在だったが、もう一人、樹木の人生に大きな影響を与えたのが、30歳のときに結婚した内田裕也だ。なぜ“ロック”な内田を選んだのか?そこには意外な理由が…!
 現在は全身ガンと戦っているが、その口ぶりは決して重苦しくない。必要最低限で余計なものはいらず、何でも自分でやるからマネージャーもいらないと公言。そしてこれからのことを尋ねられると「人に迷惑をかけず、時がきたらお暇させて頂きます」と逝けたら…とからっと突き抜けた希林節。人間こうあるべき!というお手本のような生きざまをみせてくれる。

出演者