第9回 若尾文子

前編 2013年7月27日(土)23:00~23:30

 今回のゲストは女優・若尾文子。
 堺と若尾の初めての出会いは、今から43年前にTBSの「こけこっこー」というドラマで共演。当時の堺の印象ついて、「とても共演者に気遣いが出来る人」と好印象だったという。また、堺からブランド物の手袋もプレゼントされたそうで、今でも大切に持っている手袋がスタジオに出てきて堺も感激する。
 そして、若尾の運命を変えた一本のVTRがスタジオに流れる。それは日本を代表する建築家・黒川紀章と出会うきっかけとなった番組。その初共演時のエピソードを懐かしそうに語る若尾。
 それから二人は交際を始め、7年経ったある日、衝撃的なプロポーズを受けて結婚。当時を振り返り、嬉しい半面、相当な覚悟があったという。
 結婚生活では、黒川の海外での仕事の影響で、一緒に海外を旅する事が多かった。そこで、ロンドンで開演したばかりの「キャッツ」を観て感動。それが初めて観たミュージカルだった。
 その思い出の「キャッツ」の名曲をLe Velvets、ダイナマイトしゃかりきサ~カス、INSPiが披露する。

後編 2013年8月3日(土)23:00~23:30

 前回に引き続き、ゲストは女優・若尾文子。
 戦時中だった小学校6年生の時に仙台に疎開。戦後も中学、高校と仙台で過ごす。学生時代は寡黙な女の子で男の子からいじめも受ける事もあったという。そんな女の子が、女優の道へと進むことになったのは友達と仙台の芝居小屋に行った事がきっかけだった。
 その時、偶然俳優の長谷川一夫と遭遇。そこで若尾自身もびっくりしたという、突然出た言葉がその後の人生を左右する事になる。それから女優を目指した若尾は1951年、大映のニューフェイスとして女優デビュー。
 その後、『赤線地帯』『妻は告白する』『越前竹人形』など、数々の名作に出演し、なんと、これまでの出演作品が260本という驚異的な数の映画に出演している。
 最後に女優になるきっかけとなった突然出た“ことば”をテーマにしたオリジナルソングをLe Velvets、ダイナマイトしゃかりきサ~カス、INSPiが披露する!

出演者