第三回 インドネシア編

 第三回の旅の行き先に選んだのはインドネシア。温暖な気候が生み出す大自然や、アジアの伝統が交錯する町を巡りながら、その土地々々で人と出会い文化に触れる。世界のサーフムービーで紹介されている秘境のようなポイント、サーファー天国として有名なスマトラ島やニアス島、ジャワ島セントラルジャワへ、小型飛行機で、さらには密林の中を車で走ってそれらの場所へ向かい、シリーズ初となるサーフィンを楽しむ。

image

ブリンハルジョ市場(ジョグジャカルタ)
 食料品から衣料まで何でも揃う庶民の市場。毎日朝8時から夕方5時まで営業している。朝食としてインドネシアの代表「ポチョ・チャンプル」を食べる。

image

ボロブドゥール
 8~9世紀に建立されたが完成後に王朝は崩壊し、ヒンドゥー教国が支配。その後埋められた説もあり、密林に眠る伝説の遺跡。1991年、世界文化遺産となる。

image

バツカラス(セントラルジャワ)
 ジャワ島中部にある小さな漁村。スマトラ沖地震後、リゾート化も進みホテルも建ち始めた。初心者から上級者まで楽しめるサーフポイント。

image

ニアス・ソラケビーチ
 一年中コンスタントにビッグウェーブがあり、時には10フィート以上にも。長期滞在するプロサーファーも多く、小さなサーフタウンになっている。

  • photo

    01

  • photo

    02

  • photo

    03

  • photo

    04

  • photo

    05

  • photo

    06

  • photo

    07

  • photo

    08

  • photo

    09

  • photo

    10

  • photo

    11

  • photo

    12


 

第三回:インドネシア編

インドネシアは日本と同じように四方を海に囲まれている。そして、インド洋に面した海岸線や島々には、世界中のサーファーが憧れる夢のようなビッグウェーブが届けられる。僕の知らない海。どんな波と出会い、どんな人と出会うのか。

坂口憲二