番組情報
旅・紀行

<日曜ぶらり紀行>『大杉漣の漣ぽっ』


次回の放送予定

2017年9月10日(日) 17:00~18:55


「新潟県を散策」/「片貝町を散策」


 今回は新潟二本立て!
 前半は新潟県新潟市を散策した回を放送。“海の見えるハウスでおひるねせよ!”という漣楽(指令)に従って街歩きを開始。

 そして、後半で、漣さんが訪れたのは新潟県・片貝町。この町は、放送日当日の、9月10日(日)に行われる花火大会が有名な町。
 打ち上げられる花火は、個人や企業が奉納するもので、花火一つ一つにさまざまな人の想いが込められている。
 今回は、町をあげてのお祭りが近づいた片貝町で、漣ぽっを敢行!
 過去に片貝町を舞台にした映画「おにいちゃんのハナビ」(2010年公開)にも出演した漣さん。
 その際にも町を訪れたことがあるようだが、果たして今回はどのような発見があるのか?
 毎回出される漣楽(指令)は「田んぼの中のクマ」。いったいどういう意味なのか?片貝町の人たちと触れ合いながらゴールを目指す!

出演者・スタッフ
<出演者>
大杉漣

番組概要
 俳優・大杉漣が初めてのバラエティ番組に挑戦。さまざまな街を「ゆる~く」歩く旅バラエティが登場!タイトルの『漣ぽっ』とは、大杉漣の散歩=「漣歩」という意味、かつ大杉漣が街歩きを通していろいろな驚きや感動など、何かしら心が“ぽっ”とするような発見・体験をする=「漣が“ぽっ”とする」という意味。
 そこにいるのは、映画やテレビドラマでは絶対にみることのできない「ゆる~い」大杉漣。あの大杉漣が「気の向くまま」「あるがまま(大杉漣の座右の銘でもある)」に街を歩く。道すがら出会った人と気軽に話し、気になったものを買い、琴線に触れた風景をカメラにおさめ、時に自分史、思い出ばなしも問わず語り…そして興が乗れば、楽器を奏で、たぎる想いを唄う…。
 そんな、「自由で」「あるがままで」「飾らない」ちょっと意外な大杉漣の姿に、観ている方も心が“ぽっ”とする、「他のどこでもみられない」番組をお届け。