プライムニュース 毎週月曜~金曜よる8:00~9:55(生放送)

テキストアーカイブ

2015年10月7日(水)
内閣改造・党役員人事 政権は次に何を目指す

ゲスト

武見敬三
自由民主党参議院議員
桜井充
民主党参議院議員
穀田恵二
共産党衆議院議員
後藤謙次
政治ジャーナリスト

検証…第3次安倍改造内閣 改造の評価と首相の狙い
秋元キャスター
「今日誕生しました第3次安倍改造内閣の顔ぶれですけど、19人のうち、9人が留任、9人が初入閣、再入閣が1人となりました。麻生副総理兼財務大臣や岸田外務大臣、菅官房長官の他、甘利経済再生担当大臣、石破地方創生担当大臣など、主要閣僚は留任になりました。安倍総理が重視します女性閣僚については高市総務大臣が留任。環境大臣に丸川珠代さん。沖縄・北方担当大臣に島尻安伊子さんが初入閣となりました。女性閣僚3人となっています。その他は、文部科学大臣に馳浩さんが初入閣となっています。経済産業大臣には、元国家公安委員長の林幹雄さんが再入閣ということになっています。新設された1億総活躍担当大臣に官房副長官を務めていた加藤勝信さんが起用されました。このような顔ぶれで第3次安倍改造内閣がスタートを切ることになりましたけれど、武見さん、今回の安倍総理の改造のポイント、狙いをどのように見ていますか?」
武見議員
「これは、1億総活躍という、非常に大きな新しい社会のイメージを設定して、それに向けて、関連する政策をパッケージで、連携した形で再構築していくという布陣をつくったんです。従って、特に1億総活躍の担当をする加藤さんの役割というのは、この内閣の中でも非常に重要なポイントになってくることははっきりしていて、これは、たとえば、活力ある社会を高齢化の中でつくっていこうとすれば、当然に、高齢者をより健康寿命を延ばそうと。健康な高齢者には雇用の機会を与えようと。一定の所得も確保できて、若者世代に依存しないような仕組みをつくろうと。そうすると、あらゆる政策パッケージをつくって、そういう方向に向けなければならない。その調整役が、この加藤さんということになったわけで、こういう閣僚を新たに目標を設定して運用するというのは、非常に、私はこの内閣の1つの目玉になっていると思います」
秋元キャスター
「後藤さん、第3次安倍改造内閣、ネーミングをするとすれば、何内閣ですか?」
後藤氏
「私は、一人二役内閣かなと。安倍さんの想いはこれまでの安保から経済へ政策転換をするわけです。安倍さんのお爺さんの岸信介さんの安保から、池田隼人さんの高度成長、所得倍増に転換したと。それを安倍さんがたぶんお一人でやろうということなので、一人二役、それだけの政治力、演技力が安倍さんにあるのかどうか。そこに注目をしたいと思います」
反町キャスター
「ただ、現在の武見さんの話にもありましたように内閣の政策的な目玉というのが、その1億総活躍ですよね?」
後藤氏
「加藤さんが、1億総活躍以外にも、拉致とか、女性活躍だとか、安倍総理が最もやりたいもの。それを全部、加藤さんに集約をしているという意味で、だから、加藤さんの、これまでのポスト安倍がいないという中で、若干、安倍さん自身が加藤さんに、芽をちょっと出してみたというところあるのではないかと」
反町キャスター
「それにしては負担が大き過ぎるのではないのかと。失礼な言い方かもしれない。でも、初入閣ではないですか、加藤さん。初入閣の加藤さんに対して、現在言われたような、今回の改造内閣の目玉を全部負わせて、その状況というのは、加藤さんにとっては過剰な負担はならない?そのへんの内閣としてのバックアップ体制も含めてどう見ていますか?」
後藤氏
「総理が、いわゆる内閣、首相官邸の中で一緒にやっていこうというところですから、たぶん総理の分身という役割を担わされているのではないですか。つまり、自分が忙しくてできない部分は、加藤さん、頼みますという。そういう意味では、非常に斬新な人事だと思います」

野党はどう見たか
秋元キャスター
「桜井さん、今回の内閣改造をどう見ていますか?」
桜井議員
「1億総活躍社会は何かがわかりません。まったくわからないですね。まったくわからなくて、アドバルーンだけあげて、これからやりますと。これが目玉らしいのですが、それを評価しろ、と言われても、まだ評価はできないと。それと、何点か申し上げておきたいのは、介護の離職者ゼロと言っていますが、介護報酬引き下げておいて、そんなことを言わないでほしいです。これまでやってきたこととまったく違いますからね。それから、少子化については第2次安倍政権ができた時の施政方針演説でまったく触れませんでしたから。ですから、最近になって、やっと少子化が大変だとお気づきになられたようですが、これまであまり力を入れてこなかったと。今さら方向転換するんですと言われても、なかなか本当にそういうふうになっていくのでしょうかねと。つまり、結果的に、前国会で安保の問題がありました。支持率が下がりました。国民の皆さんがまだ怒っているし、それから、安倍政権は危ないと思っているわけです。ですが、それを目くらましとは申し上げませんが、それをどう変えるのか。国会を開かないのはそのためですから。そういうことではなく、もう1回、正々堂々と国会を開いていただきたいなと、そう思います」
反町キャスター
「その目くらましで何をしたいのかといえば、要するに、安保法制で、かなり毀損した内閣支持率とか、そういったものを場面転換して、話題を変えていきたいというのが、たぶん内閣の狙いだと思います。その意味において、1億総活躍という言葉は何だということで、国会において、もし野党が、これは何だ、これは何だと言って、今度、安保を忘れて、こちらに舵を切ると、これは逆に言うと、安倍政権の思い通り?」
桜井議員
「そうかもしれないですね」
反町キャスター
「それだったら、あの安保法制は何だったのかということを次の国会でも引き続きやることが、もしかしたら戦略上いいのかどうか?」
桜井議員
「そこはもちろん、国会を開いていただいていたら、ずっとやるわけですね。だって、あの当時、積み残した案件、山のようにありますから。GDP600兆円とか、掛け声はいいと思いますが、デフレマインドだから、このような社会になりました、と言っていますが、モノの値段が下がるのは結果そうなるのであって、モノの値段が下がったから景気が悪くなるわけではありませんから。そこから根本的に間違っているので、そういう経済対策ではおかしくなるのは当然だと思います」
穀田議員
「現在の大事な問題について国会を開けと。だから、今日、自民党の武見さんもおいでですけれど、自民党としてどういう方針を持って臨むのか。内閣はあれかもしれない。しかし、政党としての矜持としては、議論を戦わせることを引き続き、やろうではないか。まずそれをしようというぐらいのことを言ってくれないなら、何のために議論をやっているのだとなりますよ」
反町キャスター
「それで言うと、穀田さん、政治の混乱というのか、国会が開かれるにせよ、開かれないにせよ、共産党さんが、たとえば、予算委員会他の委員会で持っている時間というのは限りがあるではないですか。その限られた時間を、どこに問題を集中していくのか。1億総活躍の問題とか、(GDP)600(兆円)、(希望出生率)1.8、(介護離職)ゼロといった今回の数値目標に対しての検証をやっていくとか。安保法制の問題点というもの。そこにとことん今度の国会でもこだわり続けることができるのか。ここが、野党が問われる部分だと思います。既に終わったことをずっと問い続けるのは難しいと思います」
穀田議員
「終わっていないです」
反町キャスター
「じゃあ、共産党の国会対策としてはあらゆる場面において基本は安保法制の問題をこの国会も、次の国会も、つまり、次の参議院選挙まで、あそこまで言った限りは、国民連合政権を言った限りはおいては、それをずっと今後も軸として問い続けていく。それが党の方針なのですか?」
穀田議員
「ですから、そう単純化をしては困るんです。おかげ様で、私どもは皆さんの支持を得まして、質問時間が倍以上に延びました。今度の衆議院でも、参議院でも、そういう意味で、戦争法案を巡って、自衛隊の内部文書、外務省の内部文書。それから、自衛隊の人道派遣と称したものの行動史。そういったものを次々と明らかにしてきましたが、その中にある、いわばアメリカのところに行って、選挙が終わって3日後に既に自衛隊のトップが米軍のトップと話し合って、それで来年、つまり今年ですよね、夏までには終了すると。そんなことを言っているわけでしょう。昨年の12月17日にそんなことを言っていると。そういう事態を明らかにすることによって質疑が十分になったわけでしょう。これは躍進したおかげだと思っています。また、それに対する期待が我々にあることによって資料が出たと。ですから、それ1つであって、同時に、そのことは、たとえば、現在予算案を巡っても、こうやって軍備の金はやるけれど、昨年だったら3900億円です。社会保障は削られると。ですから、1つの役割のものとして全部あるわけです。しかも、その中にあって、たとえば、私どもは赤嶺政賢さんという議員をオール沖縄で当選させていただいたことによって、沖縄の辺野古基地の問題を一貫して追及し、その原点、ついにあの問題についても、そういういろいろな話がありまして、安倍大臣だって当時、アメリカのやり方によって、無法にやられたことを認めたわけではないですか。ですから、1つ、1つの問題について、私達はやっていくという、いわば、この支持を得ていると思うんです。ですから、今日も国会対策委員長会談やったんです。5党の野党が集まって、これで現在、桜井さんに言わせると1強他弱と言っているんだけれども、いずれにしても自民党、公明党の与党に対して、野党全体として臨時国会をやりなさいということと閉会中の審査をやりなさいと。だから、反町さんがおっしゃるように、単に安保だけではなくて、全ての委員会をやる。当たり前をやればいいんです」
反町キャスター
「新国立の問題で、馳さんは関わる人達が、本当にこれでいいのかと、自問自答するような文化を醸成していかなければいけないというような話をされました。これは、たとえば、オリンピックの組織委員会とか見てみるとすごくトップヘビーで、馳さんから見た時に政界の自分の師匠さんに当たるような方々とか、ないしはいろんなところで、師匠さんに当たる方々が、どひゃーっと上にいっぱいいるわけではないですか。その人達に対して、馳さんが大臣として、あなた、それでいいのですかと、ちゃんと自問自答しなさいよと言える?」
武見議員
「言える。彼は言う」
反町キャスター
「そこは心配ない?」
武見議員
「絶対に心配ない」
後藤氏
「私も馳さんは東京五輪を中心にした、かなり文科省全体を大きく揺れ動かして、そこをきちんと立て直すというところから始めなければいけないと思いますね。とりわけ人的構成の、ある面の偏りがあるわけです。現在反町さんが言おうとされた森元総理とか。地元の石川で一緒にずっとやられてきたので、だからこそ言えるというところもあるわけです。それは短時間でやれることです。まずそこをきちんと整理をしたうえで、次のビルを建てていくと。土台づくりに失敗すると、また途中で崩れるということがありますから。まず馳さんはこれまでのいろんな負の問題を整地していくというのが最初の仕事だと思います」
反町キャスター
「初動が、非常に」
後藤氏
「それも早くやるということです」
桜井議員
「不思議なのは、森山さんもすごく立派な方で素晴らしい方ですが、なぜここ(農水)の大臣を変えたのか。私には理解できないです」
反町キャスター
「前の大臣の方が良かったと?林さんの方が」
桜井議員
「私は、自民党の中でも最も尊敬をしている議員ですから。すごく優秀な方で、これまでずっと対策として、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉の中で、どういうふうになってくるのかがわかっていた。ここの大事な局面でなぜ林さんを変えなければいけないのか。私には、すいませんけれども、まったく理解できないです」
反町キャスター
「民主党、TPP、党としてどうなのですか?これはもともと菅さんの時から始まったんですよね。野田さんの時にも進める方向でずっと取り組まれていると思います」
桜井議員
「取り組んでいきました。ですが、我々の時にはまず1つは頭を下げてまでTPPに加入するのはやめようという、これは党の意向としてそうなっていました。今回は総理がアメリカに行って、いろいろ交渉文書を書いてくれ、書いてくれと。そこの中で、結局、たとえば、郵便局でアメリカの企業の保険を売らざるを得なくなったとか。そういうようなことがあって、やっとTPPの中に加えてもらえるようになっていくわけです。ああいう弱腰の交渉をやっている限りは、国益は絶対に守れないと思ったんです。僕らの時代は、そんなことではなくて、参加しなければいけないと思っていましたが、国益をどう守っていくか。農業をどういうふうに守っていくのかとか、そこの議論をなしに参加することはないと、私はあの当時、党の責任者でしたから、そういう立場でやらせていただいた」
反町キャスター
「そうすると、今回、TPPの関連法案なり、いろんなものが出てくると思うんですけれども、それに対して民主党は基本的にTPPには反対の立場をとられると。ないしは政府の対応策に反対なのか、TPPの参加そのものから反対なのか。どこになるのですか?」
桜井議員
「これは国益にかなうのかどうかだけです。だから、対策も全部含めたうえで、国益にかなうとなれば、別に反対をするものでも何でもありあません。ですから、全体像を見て、そのうえで判断をするということだと思います」
穀田議員
「国益、国益と桜井さんは言うんですけれど、本当に国民の利益にかなうのかという問題です。単に、これは農業だけの問題ではないです。日本の経済や社会のあり方にとって大きな影響を与えると。雇用の問題や、それこそ専門である武見さんもそうですけれども、医療だとか、薬品だとか、知的財産権だとか、いろんなものに関わってくると。軍事も従属するけれども、経済も、アメリカに従属するのかという本質が大きく問われている問題だと私は考えます。これらの経過の中で一切明らかにされていないことがたくさんあるという問題があります。これは私ども決議が不十分だと反対をしましたけれども、自民党が賛成して決議をして、その都度、その都度、事の経過を明らかにして、国民的理解を得るとこう言っていたわけです。それを決議しておいて、このていたらくは何だ。これほど最初にやると言って、嘘つかない、ぶれないと言って、ぶれまくり、公約破りをする。これは決議までやって、国民に約束しておいて、それもしないと。それでは何が何だかわからない。あとは認めろと。こんな馬鹿な話は、私はあるかと思います」
武見議員
「まず大局的にこのTPPというのが、何のためにあるのかというと、民主主義、自由とか、基本的な価値を共有する、そういう国々の間で、原則、自由貿易というものを通じてお互いにwin-winゲームになる経済の活性化をはかる。そういう仕組みをつくろうということでできたんです。この経済的な目的とともに、それは同時に、そういう仕組みをつくることで、アメリカ経済が引き続き、このアジア太平洋の経済圏の中でさらに活発に活動をすることによって、アメリカのアジアにおけるコミットメントというものを引き続き、強固に維持していく仕組みでもある。それによって、これからますます力がつくであろう、軍事的にも、経済的にも、大国になった中国という国に対して、しっかりとその均衡をはかって、彼らが不必要に自ら軍事力によって、現状を維持するような膨張主義をはかろうとすることをしっかりと抑制していくことがこうした大きな政策目標の中にあるわけです。従って、その中で実際に負の部分となる、この農業に関わる分野というものについて、それを国内的にどのように守りながら、また新たに競争力をつける。そう言った新たな産業分野として育てながら、こうした事態に対応していくかという課題です。確かに、農家をしっかり守るというのは大事なことです。しかし、同時にこの我が国の農業をしっかりと国際的に競争力のある形で再構築していくということを抜きに、ただ単に農家を守るという考え方だけで議論をしていたら昔の自民党の族議員と同じになっちゃうと。だから、そういう形ではいけないと私は思います」

改造の狙いと今後の課題
反町キャスター
「丸川さん、環境大臣と言っても原子力防災とか、様々なところに仕事が広がっていて、なかなか新任の方には負担が大きそうな感じもするのですが?」
後藤氏
「環境庁の大公害訴訟、あの事件から始まってきて、当時はまさに大気汚染とか、自然環境の問題だったのが、原発の問題が起きて、あるいは生物多様性の問題とか、どんどん飛躍的に裾野が広がって、しかも、知恵だけではない力仕事が、とりわけ住民の説得とか、原発の問題のように賛否両極にあるという問題の真ん中で仁王立ちして、それを裁いていけるかどうか。そこが自信をもってやれるかどうかですよね。そこを見たいと思います」
武見議員
「丸川さんは実に1つ1つに対して覚悟を込めてすごく粘り強くやるタイプ。一緒に選挙を戦う方にしたって大変な相手。実際のところ、政治姿勢があらゆるところで現れる人ですよ。環境行政の中でいろいろな修羅場があるでしょう。でも、おそらくそれ乗り越えるだけの力量はあると思う」
反町キャスター
「丸川さんについて」
桜井議員
「わかりませんけれど、私は現在環境委員会に所属していて、正直申し上げて前大臣は答弁もおぼつかないし、大丈夫かと思っていました。ところが、環境省の事務方が全員で支えました。それは望月さんがすごくうまく省庁を束ねてきたと。もう1つは、地元の方々と丁寧に話をしてきた。ああいう姿勢だったら、前の大臣とは全然違うので、役所全体として支えていこうということになってきた。本当に原発事故のあと、いろんなことが起こっていて、二転三転しています。それから、宮城県内でも指定廃棄物の問題でこれまでであれば自然減衰を認めてくれなかったんですが、やっと自然減衰を認めてくれて、濃度測定し直してるんですけど、そうやっていろんな状況は変わってきている。そういう中で、これまで人間関係をまったくつくってこなかった方がそこにポンと入ってやるのかというと、そう簡単ではないだろう。地元の方々の意見をきちんと丁寧に聞くということができないとすると、なかなか難しいのではないかと思います」
穀田議員
「これは福島の事態の深刻さをどう認識しているかが出発点だと思いますね。だって、帰れると言って、本当に帰れると思っている人がいますか。そういう深刻な事態がまだあるということが1つある。もう1つは、除染の問題が本当に解決がつくのだろうか。そういったところとの関係で、東京電力のやり方、除染対策も不十分だし、損害賠償に対する対応も非常に尊大だし、そういったところに対して本当に対処できるのかということが問われると思うんです」

女性閣僚起用の背景と期待
秋元キャスター
「19閣僚のうち女性閣僚は3人ということになったのですが、安倍総理は今回、女性活躍推進を強く打ち出していますけど、19人のうち3人というこのバランスをどう評価されますか?」
武見議員
「3人確保されて良かったと思いますよ。それから、島尻安伊子さんは沖縄北方でしょう。彼女自身の選挙区は沖縄ですよ。沖縄の実情というのを最もよく知っている。それから、沖縄振興策は彼女自身のライフワークで、1つ1つ具体的にそれぞれ特区のようなものをつくって進行させる具体策を彼女自身もよくやってきました。そのうえで辺野古への普天間の基地の移設。これを地元の立場から、しっかりと信頼感をもってやるという役割を彼女にお願いしたということは女性であるというだけでなく、もう1つ重要な意味がここにあると私は思いました」
反町キャスター
「地元との交渉が激烈を極めるところに、敢えて女性を貼りつけているようにも見えるのですが、これはどう見たらいいですか?」
後藤氏
「敢えてというよりはどちらかというと消去法なのかなと、非常に失礼な言い方ですけれどね。安倍総理の2度目の内閣の総理になられた時、2人女性閣僚だったんですね。それが昨年の改造で5人に増やした。ところが1か月半後に2人辞任された。結局、無理やり女性閣僚をつくっても水準に達していないと内閣にとって大きな負担になってしまうという想いがあって、国会議員の、女性の絶対数の中から一定のレベルを選ぶのは困難なわけですね。私はもっとこの日本の女性議員を増やす、具体的にはクォーター制みたいなことを大胆に導入していくことによって、女性の裾野を広げると、そういう方法でいったうえで、実力のある女性閣僚が誕生するというのは国として理想の姿ではないかなと思います」

改造の狙いと今後の課題
反町キャスター
「河野太郎さんの会見はどうでしたか?」
後藤氏
「河野さんは突破力を買われたのですから、それに答えるべくタブーに挑戦して、果敢にやってもらうというところが河野さんの役割ではないでしょうかね。とりわけ行政改革、規制緩和ですからタブーにこだわっているようでは大臣としての役割は果たせないと。思う存分やったらいいと思います」
桜井議員
「期待していないです。山本一太さんと一緒ですから。要するに、モノ言いが過激になればマスコミが取りあげるんですよ。彼らはそういう種族ですから。それで突破力があるとおっしゃいますが、何を突破してきたのかを教えてほしいですよ。彼はモノは言いますよ。いろんな場面でいろんなことを言いますよ。だけど、それで何か変わったのでしょうか?私はそうはまったく思わないですね。だから、山本さんは大臣になった途端に何にも言わなくなりましたから。何かを言えば全部予算委員会とか、いろんなところで突っ込まれるので、何も言わなくなりましたから。ですから、河野さんも安全運転されると思うし、法務副大臣だったと思いますけれど、国会で質問した時に、答弁書棒読みですからね。だから、違うことを聞いても答弁書そのままですから。あの時は副大臣ですから、大臣になったら自分の言葉で話をされるのかどうかわかりませんが、これまでのところは、すいません、私は期待していません」
反町キャスター
「目玉ですが、どう見ていますか?」
穀田議員
「まず一億総活躍…ある新聞が書いていましたけれども、ちょうど安保法制を通したあと、だから、一億総火の玉となってみたいな話とダブると言っていましたけれど、私もそんな感じがするんですよね。それで一億総活躍と言うけれども、国民は皆がんばっていますよ、必死ですよ。生活に追われてね、営業に追われて、その中で、それこそアベノミクスが成功したなどと言っている人はほんの一部の人。格差と貧困が増えたというのが実態ですよ。だから、6割、7割の人がアベノミクスについて良くなかったと思っているわけでしょう。この実態がまずあると。それから、この安倍内閣になって昨年、ジェンダーギャップで言いますと、2014年は142か国中104位です。1年前はどうだったかというと、2013年は105位ですよ。ちょこっと上がった程度と。だから、いかに女性に対して、ジェンダーの角度から言えば酷いかと言う実態があると。それと現在女性が輝く時代と言いますけれども、現在女性が1番苦労をしているのは何かと、それは非正規雇用が6割を占める、しかも、それがこの間の派遣法改正の改悪で生涯派遣と。さらに正社員ゼロと。こういう社会をつくっておいて、何を言っているのかということを含め、きちんとした対応が必要ではないかと私は思っているんです」

武見敬三 自由民主党参議院議員の提言:『活力ある健康長寿社会』
武見議員
「言うなれば21世紀の日本の最も大きな課題は高齢化社会にどう対応するか。その経済及び社会の活力をどう維持するかなんです。そのために安倍内閣でも一億総活躍社会と言うのを1つの大きな目標として掲げて、こうした高齢化社会の中で誰もが健康で、活き活きと楽しく人生を過ごせて、かつまたその中でいろんな新たな政策のパッケージを経済政策だけでなく、社会保障も組みあわせながら非常に複雑な政策パッケージをつくりながら、こうした多くの国民が元気に生き甲斐のある社会をつくろうというのが目的です。ですから、目的のためのまさに最終国家目標になる。これに向けて安倍内閣もがんばってくれと、こういうわけであります」

桜井充 民主党参議院議員の提言:『国民の声を聞け』
桜井議員
「安全保障の法案の時に1番典型的だと思いますけれども、結果的には、ああやって反対のデモをやって、声をあげている方々の声をまったく聞いてくれませんでした。ただ、経済対策にしても自分の経済対策がすごくいいとおっしゃっていますが、たとえば、年金生活者の人達、中小企業、それから、円安で物価だけ上がって賃金が上がらない人達、こういう人達の声を全然聞いてくれていません。ご自分のおやりになっていることだけが良くなった良くなったと言うことではなくて、現実社会の声を聞いたうえで政治をやっていただきたいなと、そう思います」

穀田恵二 共産党衆議院議員の提言:『退陣!』
穀田議員
「安倍政権が結局のところ戦争法案について強行した。原発も再稼働している。TPPも大筋合意という反国民的みたいなことをやっていると。消費税の増税、辺野古への基地建設、これらいずれにしても1番のポイントは何かと。国民の民意を無視しているというところがあると思うんですね。ですから、私達はこういう時に、国民の皆で運動して、野党が一緒になってそれを打倒していくと。特に戦争法案反対の廃止の国民的世論と運動づくり、そのことを基礎にして、国民的な連立政権をつくる。またはそのために選挙協力も辞さないと。私達は自らも変わるということを言って、退陣させようと思っています」

政治ジャーナリスト 後藤謙次氏の提言:『路地裏のキャッチボール』
後藤氏
「安倍内閣は非常に広場で、大音量のマイクで大きな政策を掲げているのですが、路地裏のような狭いところでキャッチボールをやるにはコントロールも良く、丁寧に投げないと、周りの家の窓ガラスを割ったりする。その意味では、国民の声、それも声なき声、デモにも参加できない人達の声を聞いて、それをすくい上げるという政治をやってもらいたいと思います」