プライムニュース 毎週月曜~金曜よる8:00~9:55(生放送)

最近の放送内容

※PC版サイトでは過去二週間分のハイライトムービーを配信しています。
※配信から2週間経過したテーマは「テキストアーカイブ」にて詳細な内容を掲載します。

1月4日(月)
『菅義偉官房長官生出演 日韓・日中…外交戦略 4日召集…国会戦略は』

 2016年の通常国会は、1月4日、異例の“松の内召集”で開幕。
 4年目を迎えた安倍政権は、新たに掲げた「一億総活躍社会」、2017年4月の消費税増税に向けた景気回復など、様々な課題にどう取り組んでいくのか?「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」を目指して推し進められてきた“安倍外交”は、5月の伊勢志摩サミットにどんな姿勢で臨もうとしているのか?夏の参院選には、どんな戦略で挑むのか?
 安倍政権の“司令塔”、菅官房長官をゲストに迎え、2016年の課題と展望について聞く。
ゲスト
菅義偉 内閣官房長官 自由民主党衆議院議員
後藤謙次 政治ジャーナリスト
宮家邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

1月5日(火)
『初登場・佐藤優が読む 達眼・山内昌之が解く 2016年世界情勢と日本』

 過激派組織「イスラム国」を中心とする勢力によるテロは依然、世界に不安を投げかけ続けている。
 世界中の情勢不安の発信源であるかのように目される中東。そして、対「イスラム国」、対ウクライナをはじめ、その苛烈なまでの政治決断が影をはらむロシア。こうした要素に日米欧はどう向き合っていくべきなのか。
 最新情勢に精通した識者2人を迎え、“裏のウラ”を聞く。
ゲスト
山内昌之 フジテレビ特任顧問 明治大学特任教授
佐藤優 作家 元外務省主任分析官

1月6日(水)
『公明&民主代表に問う 軽減税率と国会の争点 参院選戦略と野党共闘』

 与党は2017年の消費増税と同時に軽減税率を導入することに合意した。
 前半は公明党の山口代表に、対象品目の線引きや財源確保、そして今年の政治課題について問うとともに、参院選にどう臨むのかを聞く。
 後半は民主党の岡田代表に、この日の代表質問を受ける形で、国会で与党とどう対峙していくのかを問う。さらに、衆議院での維新の党との統一会派の行方、共産党の「国民連合政府」構想への対応など、参院選に向けた野党戦略を聞く。
ゲスト
山口那津男 公明党代表 参議院議員(前半)
岡田克也 民主党代表 衆議院議員(後半)
平井久志 立命館大学客員教授(冒頭)

1月7日(木)
『櫻井よしこが喝破する 飯島勲が読み筋を示す 2016年安全保障の急所』

 中東情勢の不安定化や、北朝鮮の一方的な“水爆実験成功”発表で幕を開けた2016年。
 経済や軍事などで拡大・台頭路線を突き進む中国。こうした状況を横目に韓国との関係改善に踏み出した日本は、日米韓の連携による北東アジア安保の再構築を描くが、韓国政府の“腹の据え方”を不安視する向きもある。
 また、アメリカは11月の大統領選に向け、政治も内向きの色合いが強くなるとの懸念もある。
 論客2人に、今年の日本の外交・安保戦略のあり方を聞く。
ゲスト
櫻井よしこ ジャーナリスト 国家基本問題研究所理事長
飯島勲 内閣官房参与

1月8日(金)
『共産・志位氏の胸算用 孤高の野党はどこへ? ▽ 慰安婦決着への曲折』

 4日から始まった通常国会。開会式には69年ぶりに日本共産党の議員が出席、選挙の年に“イメージチェンジ”を印象付けた。
 日本共産党の志位委員長に、方針転換の真意と“限度”、「国民連合政府」構想や夏の参院選に向けた野党共闘について話を聞く。
 後半は、先月末の“慰安婦問題”をめぐる日韓合意について、韓国世論の反応などを紐解きながら、「最終的かつ不可逆的な解決」は可能なのか議論する。
ゲスト
志位和夫 日本共産党委員長 衆議院議員(前半)
古森義久 産経新聞ワシントン駐在客員特派員(後半)
李泳采 恵泉女学園大学准教授(後半)