番組情報
情報・ドキュメンタリー

『パレ・ド・Z~おいしさの未来~』


お知らせ

4月27日(土)17:30~「第14回:川田智也(茶禅華)」を放送!


次回の放送予定

2019年4月27日(土) 15:25~15:55


「第11回:徳岡邦夫(京都吉兆)」


今回、三石が訪れたのは、京都・嵐山にある和食の最高峰「吉兆」。昭和5年に創業し、誰もが知る日本を代表する高級老舗料亭として現在全国に5店舗を展開している。
そのすべてを束ねるのが、京都吉兆の総料理長・徳岡邦夫だ。2005年には世界のトップシェフが集まる「インターナショナル・サミット・オブ・ガストロノミー」に日本人として初めて参加するなど、世界でもその名が知られている。
今年は、新世代の才能を発掘する日本最大級の若手料理人コンテスト「RED U-35」の審査委員長に就任するなど、ますます活躍の場を広げている。
そんな彼が作る“未来に遺すべき作品”とはいったいどんなものなのか。そして、その作品への想いを聞いて、実際にその味を楽しんだ三石の感想は?

出演者・スタッフ
<出演者>
三石寛太:髙嶋政宏
パレ・ド・Z館長:田口トモロヲ(ナレーション)
パレ・ド・Z館長秘書:つみきみほ(ナレーション)
<スタッフ>
企画監修:小山薫堂
プロデューサー:原田泉 植田小雪
制作:N35 インターナショナル株式会社

番組概要
一流のシェフが作る究極の一皿を、ドキュメンタリー&ドラマ仕立てで紹介する番組。髙嶋政宏演じるフードミュージアムのチーフキュレーター・三石寛太が、その究極の一皿=“作品”を食す。
そして、シェフの日常に密着し彼らの料理哲学を紐解いていく。
毎回、“未来に遺すべき作品”が生み出される新感覚のグルメ&ドキュメンタリー番組。

【あらすじ】
三石寛太(髙嶋政宏)は、絶品料理を求め、さまざまな店を訪れるB級グルメ専門のフードライター。しかし、それは世を忍ぶ仮の姿。
彼には、未来に残したい究極の一皿を作品としてコレクションする次世代のフードミュージアム「パレ・ド・Z」のチーフキュレーターというもう一つの顔があった。
未来に遺すべき作品を求め三石は日夜、世界中を飛び回っている。そして今日もまた彼の元に「パレ・ド・Z」館長から新たな作品完成を告げる電話が…。
果たして三石はどんな“おいしさの未来”と出会えるのか?