番組情報
情報・ドキュメンタリー

『八木亜希子のおしゃべりミュージアム』


次回の放送予定

2019年2月23日(土) 13:00~13:55


第17回「箱根ガラスの森美術館」


 17回目となる今回は、温泉で親しまれる箱根で、ヴェネチアン・グラスに特化した作品を展示する「箱根ガラスの森美術館」を訪れる。私立経営のこの美術館は、リピーター率50%の実績を誇る。その秘密は、美術館の作りと運営方法にあった。
 1996年(平成8年)8月に誕生し、今年で開館23年目を迎える。開館20周年を迎えた2016年7月には、来館者数1000万人を達成。これは平均年50万人が訪れたことになる。
 メイン展示室となる「ヴェネチアン・グラス美術館」は貴族の宮殿のような作りで、壁から天井に至るまで中世・ルネサンスのイタリアをイメージしている。ヴェネチアン・グラスとは古代ローマ時代のローマン・グラスにその起源を発するとも言われ、当時すでにイタリア半島全域には多くのガラス工房が作られていた。ガラス生産の中心地はヴェネチアで、その歴史は古く、1291年から続いたヴェネチア共和国の強力な保護政策によって、ヴェネチアン・グラスの生産は守られていた。館内には15世紀~20世紀に作られた数多くのヴェネチアン・グラスが展示されている。作品には非常に細かい技が随所に施されており、当時からガラス技術が非常に高かったことがうかがえる。
 リピーター率、実に50%。それゆえここは開館以来一度も赤字になった年はない。そんな箱根ガラスの森美術館の秘密を紐解きながら、今回も魅力あるミュージアムの世界へと誘う。

出演者・スタッフ
<撮影地>
箱根ガラスの森美術館

<出演者>
八木亜希子

岩田正崔 (箱根ガラスの森美術館 館長)
川井美千代 (箱根ガラスの森美術館 CS部主任)
柳井康弘 (箱根ガラスの森美術館 戦略部 主任)
根本耕太郎 (箱根ガラスの森美術館 学芸部 副主任)
齋藤彩香 (箱根ガラスの森美術館 学芸部)