番組情報
映画・ドラマ

<午後の名作ドラマ劇場>市原悦子さん追悼『おばさんデカ 桜乙女の事件帖8』




次回の放送予定

2019年1月30日(水) 17:00~19:00


 東京の古いマンションの一室で、栄進興産の営業課長、磯貝(筒井巧)の刺殺体が発見された。ドアばかりか、窓も内側からロックされ、状況は限りなく密室殺人に近い。
 ドサこと警視庁特捜分室からも大川(蟹江敬三)と乙女(市原悦子)が捜査に加わるが、例によって他の担当刑事たちにバカにされ、まともに手伝わせてもらえない。乙女はともかく、大川ははじめから捜査に加わる気はなく、路上で見かけた竹内(草薙良一)を追うことに熱中する。疑問を抱く乙女に、大川は「分室の本来業務は指名手配犯を覚え、逮捕すること」と説明する。竹内は事務所荒らしなどで手配中の男だった。
 大型スーパーに入った竹内を大川が、その後を乙女が追う。しかし、乙女は女の万引きを見かけて追いつめるが、相手を間違え、大川もまた、竹内に逃げられてしまう。
 その夜、所轄の警察署で磯貝殺しの会議が開かれる。元東亜銀行の行員だった磯貝は、金銭トラブルで免職となり、栄進興産でもサギまがいのことをして評判が悪い。
 別居中の磯貝の妻、美枝(梓陽子)が重要参考人として調べられるが、乙女の調べで磯貝の隣人,多木(神山繁)も磯貝を殺したいほど憎んでいたことが分かり、捜査は振り出しに。おかげで乙女と大川は捜査から外される。

出演者・スタッフ
<出演者>
桜乙女:市原悦子
大川信介:蟹江敬三
樋口絵里香:国生さゆり
桜雅樹:蛭子能収
松木(戸倉)奈緒子:姿晴香
松木達也:小倉一郎
多木孝太郎:神山繁
竹内万太郎:草薙良一
磯貝充:筒井巧
磯貝美枝:梓陽子
仁科一美:松井紀美江
神崎ゆり子:元井須美子
ほか
<スタッフ>
企画:清水賢治、金井卓也
プロデューサー:赤司学文、石川好弘
脚本:土屋斗紀雄
監督:鶴巻日出雄
制作:フジテレビ/オセロット