番組情報
情報・ドキュメンタリー

<BSフジサンデースペシャル>『役者 仲代達矢 走り続ける84歳』


次回の放送予定

2017年6月11日(日) 19:00~20:55


 “日本の生きる映画史”役者・仲代達矢。
 日本映画の黄金時代、映画会社に所属することなく、黒澤明、成瀬巳喜男、小林正樹、市川崑ら巨匠監督の作品へ出演、彼が演じ続けてきた作品は、そのまま日本の映画史と大きく重なるといっても過言ではない。
 一方、演劇の世界でも、1955年の「幽霊」(イプセン作)でデビュー以来、60年近くにわたって、シェイクスピア作品をはじめ、数々の名舞台で主役を務めてきた。
 また、舞台や映画・テレビに幅広く出演しながら、俳優の育成にも心血を注ぎ、役所広司、益岡徹、若村麻由美、滝藤賢一など、数々の俳優たちを育てあげる。2015年には、長年の功績が評価され、文化勲章を受章。現在も新作への出演が続くなど、日本映画・演劇界への貢献は計り知れない。

 仲代達矢は、今年2017年を「挑戦の年」と位置付けている。
 この6月には、“最後の主演作”となるかもしれないとの思いを込めた映画「海辺のリア」が公開。今秋から来年にかけては、こちらも“最後の舞台かもしれない”との覚悟をもってのぞむ、「肝っ玉おっ母と子供たち」のロングラン公演が控えている。
 番組では、84歳にしてなおバリバリの現役として活躍し続けている役者・仲代達矢の今を追いながら、その足跡と人間的な魅力に迫る。


出演者・スタッフ
<出演者>
仲代達矢